飯田下伊那各地の小中学校終業式

学校・教育

[ 2011年 1月 4日 火曜日 9時16分 ]

 飯田下伊那各地の小中学校で、2学期の終業式が行われた。運動会や遠足、文化祭などさまざまな行事があった2学期の思い出を胸に、児童・生徒らは冬休みを迎える。

 飯田市立浜井場小学校(熊谷芳巳校長、児童196人)では、28日に終業式を実施。児童を代表して3年生と6年生から2人ずつ、2学期を振り返って発表した。

 3年生は算数や国語、体育などの授業でがんばったことを披露。「大きな数を手を使わずに計算できた」「国語のテストで前より30点上がった」と話した。

 6年生は委員会や行事の活動などを伝え「中学に向けて毎日を大切に過ごしたい」「2学期に足りなかったことを3学期で実践したい」と、残り少ない小学校での生活への思いを語った。

 次に賞状伝達式が行われた。全国児童画コンクール入選者と、JA共済小・中学生交通安全ポスターコンクール入選者に表彰状が手渡された。

 熊谷校長は水泳大会や運動会、遠山の霜月祭りへの参加といった行事を振り返り「クラスや児童会の友だちと協力して仲良くでき、すばらしい2学期だった」と評価。「正月休みはいっぱい遊んで手伝いをして、勉強も少しがんばって。楽しんでほしい」と呼び掛けた。また「竹はふしがあるから曲がっても折れない。始業式までに新年にふさわしい生活のふしを作って」と語りかけていた。

 飯田教育事務所によると、26日をのぞく24―28日の4日間に飯伊の公立小中学校で終業式が行われた。28日にはもっとも多い37校が実施。3学期の始業式は1月5―7、11日に開かれる。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27

新たな体験価値を創出

11月20日金曜日15:13

議員定数検討の中間報告

11月19日木曜日15:33

住民に寄り添う姿勢強調

11月19日木曜日15:16

かわいい新包装で再発

11月18日水曜日15:48

機動性高い最新機器実演

11月18日水曜日15:30

出身学生の帰省安心に

11月17日火曜日15:42








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞