飯田下伊那PTA連合会が研究大会

学校・教育

[ 2015年 10月 20日 火曜日 9時42分 ]

 飯田下伊那PTA連合会(生嶋哲夫会長)は17日、本年度研究大会を阿南町立阿南第一中学校で開いた。飯伊の小中学校の保護者や地域住民ら約400人が参加。「すべては子どもたちの笑顔のために~子どもたちと共に成長しよう~」をテーマに、講演会や分科会を行った。

 心の触れ合う家庭をつくって子どもたちと信頼関係を築き、子どもと向き合って笑顔と思いやりの心を育めるようなPTA活動を目指し、テーマを設定した。

 基調提案ではテーマをもとに、家庭等でのコミュニケーションを深める▽子育ての工夫や実践など話題の多いPTA活動を進める▽子どもと親、先生それぞれの命を大切にして一緒に頑張る▽地域全体で子どもが安全・安心して育つ地域づくりに努める▽子どもの話に耳を傾け、何でも話せる環境をつくる▽電子通信機器の正しく安全な使い方を教える―などが挙げられた。

 開会式であいさつに立った生嶋会長は「子どもたちの笑顔と幸せを願い、有意義な大会になれば。きょう話し合ったことを学校、家庭、地域に持ち帰って生かしてもらえたら」と語った。

 続いて飯田市危機管理室防災係長の後藤武志さんによる講演会「災害から命を守る~今すぐ子どもにもできる防災対策~」を実施。災害の事前対策や発生時の避難方法、自主防災会の役割などを挙げ、災害から命を守るための心得と対処法について語った。

 講演後は分科会を開催。防災道徳とPTA組織・運営、家庭教育、地域連携、人権・共生、健康・安全―の6テーマについて話し合った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)