飯田女子短大でアカシア祭

学校・教育

[ 2014年 10月 22日 水曜日 9時12分 ]

 飯田市松尾代田の飯田女子短期大学(高松彰充学長)の文化祭「第48回アカシア祭」が、18日から20日まで開催された。一般公開された19日には、ゼミやクラブ、クラスなどで企画した催しが校内のあちこちで行われ、家族連れや若者など多くの来場者でにぎわった。

 ことしのテーマは「はじけろ!全力girls!~今すぐわっしょいだら?~」。同短大のお祭りとして最高に楽しめるよう盛り上げ、笑顔があふれるアカシア祭にしたい―と、学園祭実行委員会が中心となって準備を進め、多彩な企画を用意した。

 18日の開会式と前夜祭を皮切りに、翌日から展示やステージ発表、模擬店などを展開。20日には運動会や特別企画、後夜祭・閉会式が行われた。

 19日は正面玄関前に学年やクラブによるさまざまな模擬店が軒を連ねた。秋のさわやかな晴天の下、学生らは「寄っていってください」「おいしいですよ」などと元気に声を掛けて接客。来場者は、短大生が用意した食品や飲み物を味わいながらベンチなどでくつろいでいた。

 展示発表も盛んに行われた。授業で取り組んだ研究成果を展示をしたり、サークル活動の紹介・体験コーナーを設けたり。軽音楽、ダンス、手話、人形劇、よさこいなど各クラブの活動発表や、茶道クラブによる茶会なども行われていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio