飯田女子短大で入学式開く

学校・教育

[ 2012年 4月 5日 木曜日 9時24分 ]

 飯田市松尾代田の飯田女子短期大学(高松信英学長)の第46回入学式が4日、同短大講堂で開かれた。本年度の新入生は昨年よりも12人多い275人。真新しいスーツに身を包み、学生生活への期待をふくらませながら式典に臨んだ。

 はじめに礼拝を行った後、病気療養中の高松学長に代わって高松和子学長職務代行が全員の入学許可を宣言。「学生と職員が互いに信頼し合い、学び合う良さを体験してほしい。意見交換をたくさんして、自分にないものを吸収して」とし、「学びは自分のためだけでなく、周囲の人たちの幸せにつながる。社会に生かせる学びを」と呼び掛けた。

 次に新入生代表があいさつに立ち「高度な専門知識を習得し、社会に貢献できるよう努力して精一杯学校生活を送ることを誓います」と宣誓した。

 式典終了後、新入生は記念写真撮影とクラスミーティングに参加。また保護者を対象にしたガイダンスが開かれた。

 学科別の入学生は、家政129人、幼児教育56人、看護65人、専攻科25人。このうち飯田下伊那地域出身者は122人。南信地区の出身者が64・4%を占め、南信地区以外が30・4%、県外は5・2%だった。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24

待望の打ち上げに歓声 冨士山稲荷神社の「むぎわら祭り」

7月10日火曜日15:12

甘み十分、ピンク色に 豊丘村で桃狩り始まる

7月7日土曜日14:15

「来場して幸せな気分に」 22日にザ・ファイナル2018

7月7日土曜日14:47

飯田市内1121世帯に避難勧告

7月6日金曜日15:55

飯田で子ヤギのセリ市を開催

7月6日金曜日15:24