飯田女子短大で卒業式

学校・教育

[ 2013年 3月 18日 月曜日 17時28分 ]

 飯田市松尾代田の飯田女子短期大学(高松信英学長)の第45回卒業証式・学位授与式が18日、同短大講堂で開かれた。晴れ着に身を包んだ卒業・修了生238人は、希望を胸に慣れ親しんだ学びやを巣立ち、それぞれの道へ進む。

 卒業生が壇上の仏壇に火と花を供える献灯・献花、礼拝に続き、各学科と各専攻科の代表者が登壇して高松学長から卒業・修了証書を受け取った。

 高松学長は、南信の地に大学を―という地域の人々の願いから始まった同短大設立当初の思いについて語り「いまでは毎年多くの学生が卒業していくが、ここまでくるには大変な歳月がかかった。これからは勉強したくてもできなかった人たちの分まで頑張り、自分の力で道を切り開いて素晴らしい人生をつくり上げて」と激励した。

 卒業・修了生の代表者は、保育者を目指して学んできた学校生活を振り返り「つねに変化する子どもたちの成長を支える保育者になりたい」とし、「不安で押しつぶされそうだが、ここで学んだことを胸に、新しい世界へ羽ばたきたい」と語った。

 同短大によると本年度は、家政・幼児教育・看護の卒業生210人、専攻科の修了生28人の計238人が同短大を巣立った。このうち南信出身者は70・6パーセント。医療系・福祉系の専門職を目指す学生を中心に就職が内定しており、3月末には例年の内定率98~99パーセントに近づく見込み。専攻科は内定率100パーセントに達している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞