飯田女子短大で発願式開く

学校・教育

[ 2012年 10月 17日 水曜日 9時08分 ]

 飯田市松尾代田の飯田女子短期大学(高松信英学長)は13日、看護師を目指して学ぶ学生が気持ちを新たにする「発願式(ほつがんしき)」を、同短大で開いた。看護学科の1年生、17期生62人が集い、仏教の教えの下で患者に尽くす看護師になるよう誓いを立てた。

 看護学の基礎実習を終え、専門科目の授業が本格的に始まるのを前に、専門職としての知識や技術、態度を身に付ける覚悟を新たにする機会として実施。一般の看護学校で「戴帽式」が行われるのに対し、仏教看護を特色とする同短大では「発願式」としている。式の運営は同学科2年生が務めた。

 ナースキャップと白い制服を身に着けた発願生が、ろうそくを手に講堂へ入場。厳かな雰囲気の中、一人一人名前を呼ばれて登壇し、仏様から火を授かる「戴灯」を行った。

 全員が壇上にそろうと、学生の代表が「この日を看護師への道の出発の時にしたい」と宣言。続いて全員で「煩悩の誘惑に左右されがちな自分の心を見つめ、明るい知恵の道を歩む看護師になりたい」「病に苦しみ悩む人々を見守り、人と生まれた喜びを共にする、素晴らしい世界の仲間である看護師になりたい」などと誓いの言葉を述べた。

 高松学長は「いろんな所で先輩たちが素晴らしい働きをしている。先輩の姿をしっかりと見て、同じように活躍できるよう頑張って」と学生たちを激励。来賓の牧野光朗市長は「学んだことを地域医療の現場で発揮し、自らの役割を見出してもらえれば。行政として皆さんを支え、地域の安全安心を守っていきたい」と祝辞を述べていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

猛暑の一騎打ち 阿部、金井候補が舌戦開始 知事選が告示

7月19日木曜日15:41

春草の「鎌倉時代闘牛の図」が市有形文化財に 学生時代に制作

7月19日木曜日15:14

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34