飯田女子短大で発願式

学校・教育

[ 2015年 10月 7日 水曜日 8時15分 ]

 飯田女子短期大学(高松彰充学長)は3日、看護師を目指す学生が気持ちを新たにする「発願(ほつがん)式」を、飯田市松尾代田の同短大で開いた。看護学科の1年生、20期生56人が、仏教精神にのっとって患者に尽くす看護師になる誓いを立てた。

 看護学の基礎実習を終え、専門科目の授業が本格的に始まるのを前に、専門職としての知識や技術、態度を身に付ける心構えを新たにする機会として実施。一般の看護学校で「戴帽式」が行われるのに対し、仏教看護を特色とする同短大では「発願式」としている。式の運営は同学科2年生が務めた。

 礼拝に続いて、制服をまとった学生が一人ずつ名前を呼ばれると、ろうそくを手に登壇。厳粛な雰囲気の中、仏様から火を授かる「戴灯」を行った。

 全員が壇上にそろうと、代表者が誓いの言葉を述べ「この日を、看護師への道の出発の時にしたい」と宣言。全員で「南無阿弥陀仏の教えをより所にし、明るい知恵の道を進む看護師になりたい」「病に苦しみ悩む人々を見守り、人と生まれた喜びを共にする看護師になりたい」などと誓った。

 仏様にミルクがゆを供養する「献粥」に続いて、あいさつに立った高松学長は「助けてほしいという患者さんの願いに応えて生きていく誓いをきょう、ここでした。その誓いにうそをつかず一歩一歩歩んでいって、将来たくさんの人の力になる素晴らしい人生を送ってもらえたら」と激励していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30