飯田女子短大で釈尊降誕会 命や誕生を考える機会に

学校・教育

[ 2015年 5月 14日 木曜日 13時02分 ]

 飯田市松尾代田の飯田女子短期大学(高松彰充学長)は13日、釈迦の誕生日を祝う仏教行事「釈尊降誕会(しゃくそんごうたんえ)」を同短大講堂で開いた。学生や教職員らは、花御堂に安置された誕生仏の像に甘茶を注ぎ、釈迦の誕生を称えた。

 親鸞聖人を開祖とする浄土真宗の教えに基づく教育を行う同短大が、釈迦の誕生日(4月8日)から一カ月遅れで開く恒例行事。釈迦の誕生を祝うとともに、自らがこの世に生を受けた意味と感謝の気持ちについて考える機会として位置付けている。

 司会進行や甘茶の準備などは、学生が主体となって企画。ステージには花御堂を設け、さまざまな生花で美しく飾った。

 合掌と献灯・献花、礼拝に続き、高松学長と教職員、学生代表が潅仏(かんぶつ)。花御堂内の誕生仏に甘茶を注ぎ掛けた。

 高松学長は釈迦誕生のエピソードを紹介。誕生の際に言ったという「天上天下唯我独尊」の意味について「生まれたままの命ほど尊いものは存在しないということ」とし、「お釈迦様だけでなく、一人一人が大切な命。きょうを命や誕生について考える機会にしてもらえたら」と呼び掛けた。

 恩徳讃を合唱して閉会すると甘茶の集いを開き、全員で甘茶を味わった。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53

伊達の奏者と遠隔交流

2月25日木曜日15:24

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58

地域の力で竹林整備を

2月23日火曜日13:35

心一つにつながる音楽祭に

2月22日月曜日15:00

観光軸に広域連携を

2月22日月曜日15:47

下農高「校友会」が大賞

2月20日土曜日13:13

現新23人が出馬準備

2月20日土曜日13:42

ブロックごと体制構築

2月19日金曜日15:51










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞