飯田女子短大で釈尊降誕会、命や誕生を考える機会に

学校・教育

[ 2015年 5月 14日 木曜日 13時02分 ]

短大釈尊降誕会 飯田市松尾代田の飯田女子短期大学(高松彰充学長)は13日、釈迦の誕生日を祝う仏教行事「釈尊降誕会(しゃくそんごうたんえ)」を同短大講堂で開いた。学生や教職員らは、花御堂に安置された誕生仏の像に甘茶を注ぎ、釈迦の誕生を称えた。

 

 親鸞聖人を開祖とする浄土真宗の教えに基づく教育を行う同短大が、釈迦の誕生日(4月8日)から一カ月遅れで開く恒例行事。釈迦の誕生を祝うとともに、自らがこの世に生を受けた意味と感謝の気持ちについて考える機会として位置付けている。

 

 司会進行や甘茶の準備などは、学生が主体となって企画。ステージには花御堂を設け、さまざまな生花で美しく飾った。

 

 合掌と献灯・献花、礼拝に続き、高松学長と教職員、学生代表が潅仏(かんぶつ)。花御堂内の誕生仏に甘茶を注ぎ掛けた。

 

 高松学長は釈迦誕生のエピソードを紹介。誕生の際に言ったという「天上天下唯我独尊」の意味について「生まれたままの命ほど尊いものは存在しないということ」とし、「お釈迦様だけでなく、一人一人が大切な命。きょうを命や誕生について考える機会にしてもらえたら」と呼び掛けた。

 

 恩徳讃を合唱して閉会すると甘茶の集いを開き、全員で甘茶を味わった。

 

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号