飯田女子高で3年生進路ガイダンス

学校・教育

[ 2013年 7月 1日 月曜日 15時29分 ]

 飯田市上郷飯沼の飯田女子高校(有馬乃校長)は28、29の両日、3年生170人を対象とした進路ガイダンスを同校で実施した。進路希望別に3種類のガイダンスを設け、姉妹校である飯田女子短期大学の各学科について説明を受けたり、志望理由書の書き方や面接対策などを学んだ。

 28日には、国公立大学・難関私立大学進学希望者を対象に志望理由書の書き方や小論文の講座を。また飯田女子短大進学希望者向けに、学科別の進学ガイダンスを行った。

 短大看護学科のガイダンスでは、同学科の教授がアドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)や開講科目、卒業生の進路などについて説明した。

 教授は、看護師の仕事内容や働く場所について生徒に尋ねながら説明。看護師に必要なこととして▽他人を思いやることができる▽人のために何かをすることが好き▽心身が丈夫▽新しい知識を学ぶ意欲を持っている―といった条件を挙げた。

 また「授業中は集中し、自己学習や新聞・本を読む習慣をつけること」「多くの人と関わって、自分が感じたことを相手に伝えられるようにして」など、高校時代に準備すべきことについて語っていた。

 29日には、就職希望者を主な対象に面接ガイダンスが行われた。

 近年は進路の選択の幅が広がってきているため、同校では生徒の希望に応じた進路ガイダンスを年間複数回にわたって実施している。本年度は8月まで、進学・就職希望者それぞれに対応したガイダンスを行う予定。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞