飯田女子高校が家庭科保育技術検定実施

学校・教育

[ 2010年 7月 24日 土曜日 8時57分 ]

 飯田市上郷飯沼の飯田女子高校(高松彰充校長)は22日、第19回全国高等学校家庭科保育技術検定(文部科学省後援)を行った。同校での実施は初めて。県内では3校、飯伊では同校のみ行っている。

 同検定は、子どもの理解や保育の知識と技術の習得を目指して1993年にスタートし、年2回実施。音楽・リズム表現技術、造形表現技術、言語表現技術、家庭看護技術の4種類がある。全国の高校の保育科や家庭にかんする学科、福祉科、普通科などで行われ、受験者は55万人を超えている。

 この日実施されたのは造形表現技術4級の試験で、受験を希望した2、3年生25人が参加。課題は、30分以内に折り紙を説明の通りに折ったり、魚や鳥、植物といった全5種類の折り紙を作ること。折り目のきれいさや色のバランスなどが評価のポイントだという。

 同校では、音楽・リズム表現技術以外の3種を行う。保育関係の仕事に興味があったり、主婦になった時など将来に役立つと考えて受験を希望する生徒が多いという。家庭科の所澤千香子教諭は「検定をきっかけに生徒たちが保育に興味を持ち、子どもに関心を持ってもらえれば」と話していた。

 同日、家庭科技術検定も実施された。食物調理3級の試験が行われ、1―3年の18人が受験した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

高温で良質な竹炭を

1月28日木曜日15:53

不満の声「市政に反映を」

1月28日木曜日15:30

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞