飯田女子高校で文化祭開く

学校・教育

[ 2016年 7月 12日 火曜日 8時13分 ]

女子高祭 飯田市上郷飯沼の飯田女子高校(有馬乃校長)の文化祭「第57回女子高祭」が9、10の両日、同校で開かれた。10日の招待日には多くの来場者でにぎわい、多彩な企画や模擬店、ステージ発表などを楽しんだ。

 ことしのテーマは「全力少女~新たな滴、広がる波紋~」。水面に落ちた滴が波紋となって広がっていくように、一人一人の努力が周囲に影響を与え、大きな力になっていくことをイメージし、日頃の活動や学校生活への思い、周囲への感謝を込めて文化祭をつくり上げた。

 視聴覚室のステージ上には、テーマをもとにしたペットボトルキャップアートを展示。またクラブやクラス、委員会ごとにさまざまな企画を練り、作品展示やステージ発表を行ったり、模擬店などを設けた。

 10日には、生徒の家族や友人、中学生など多くの人が来場し、生徒たちが用意した企画を楽しんだ。この日は、伊那西高とのバレーボール、バスケットボール、弓道の招待試合も行われ、声援を受けながら試合に取り組んだ。ハーフタイムにはチアリーディングの演技も披露され、会場を盛り上げた。

 3年生による模擬店では、かき氷や焼きそば、ドリンクなど、クラスごとにさまざまな屋台が設けられた。暑い夏の空の下、生徒たちは協力して食べ物を盛り付けたり客に呼び掛けたりと、元気に接客する姿が目立った。夕方にはグラウンドでファイヤーストームを行い、文化祭を締めくくった。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38

飯田市予算案20年度458億円

2月18日火曜日15:58

129チームがたすきつなぐ

2月17日月曜日15:51

千代ネギに多彩メニュー

2月17日月曜日15:15

建設の判断先送りに

2月15日土曜日14:22








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞