飯田女子高3年生が調理実習

学校・教育

[ 2020年 1月 11日 土曜日 14時41分 ]

 飯田女子高校(飯田市上郷飯沼)の総合コースの3年生約170人が、「親への感謝」をテーマにした献立の調理実習「IIJO検定」を行った。自分たちで献立を考えて食材を用意し、制限時間内に調理・盛り付け。最終日の10日には、1組の生徒34人が6班に分かれて取り組んだ。

 3年生のフードデザイン(家庭科)の一環で、これまでの学習のまとめとして実施した。食品の栄養的特徴を理解し、誰かのために料理することを想定。嗜好や季節感、調理の組み合わせ、味、盛り付けを考え、班ごとに献立の作成から食材の調達、調理、発表までを行った。

 品数は自由で、1人500円を目安に食材を購入。1時間以内に調理し、10分で盛り付けと配膳を済ませた。

 本年度は親や家族のためのメニューがテーマで、昨年10月から献立を考え、冬休みを挟んで年末から今週にかけてクラスごとに調理実習をした。

 1組の調理では、主食をパンにして洋風のメニューにしたり、煮物や味噌汁など昔ながらの家庭料理を取り上げたり。デザートや飲み物まで用意した班もあった。

 サラダ全体を覆うように大きくカットしたパプリカを飾るなど、盛り付けも工夫して仕上げた。

 配膳まで終わると、全員でそれぞれの献立を見て回り「おしゃれ」「かわいい」などと歓声を上げた。

 3班は、家族が食卓に集っておいしく食べるディナーをイメージし、ハヤシライスと洋風の冷や奴、サラダ、フルーツポンチの4品を調理した。

 生徒の一人(17)は「子どもから大人まで、皆でおいしく食べられるごちそうをイメージした。作ってみると簡単な感じだったので、家でも家族皆で楽しみながら作れたら」と話していた。

 授業では今後、自分たちで調理した料理や各班の献立の感想などをまとめて発表する予定。

◎写真説明:親への感謝をテーマとした調理実習(飯田女子高で)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33

都内の高校と連携協定へ

9月12日土曜日13:33

繭づくり目指し大切に

9月12日土曜日13:58

安心して果物狩りを

9月11日金曜日15:52

拡大備えて検査体制充実

9月11日金曜日15:25








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞