飯田工業高校でインターンシップ報告会

学校・教育

[ 2011年 10月 7日 金曜日 15時49分 ]

 飯田工業高校で5日、在学中に自らの学習内容や進路などに関連した職業を体験する「インターンシップ」の報告会があった。体験した生徒や受け入れ企業が参加し、成果や反省点を出した。

 例年通り2年生が対象で、ことしは148人のうち63人が希望。夏休みを利用し、それぞれ3日間にわたって就労体験した。

 報告会は、生徒と受け入れ企業が6グループに分かれ、ディスカッションも実施。生徒たちはインターンシップ先での体験や失敗などを発表し、今後の目標についても触れた。

 体験した生徒は「仕事の責任を感じた」「仕事をする上でコミュニケーションをとる難しさを知った」「ものづくりの大切さが分かった」などと感想。企業側から「今回の経験が将来就職するきっかけになればいい」と、期待を寄せる声も出た。

 同校のインターンシップは、知識や視野を広げる機会として9年目。飯田下伊那の精密機械加工、電子部品製造、光学製品製造、電気通信工事、自動車整備、医療・福祉など、昨年より多い計34社が受け入れた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     









記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞