飯田市キャリア教育推進フォーラム

学校・教育

[ 2013年 1月 29日 火曜日 15時01分 ]

 「第7回飯田市キャリア教育推進フォーラム」が26日、同市高羽町の飯田人形劇場で開かれた。約200人が参加。小中高校生による活動報告やキャリア教育作文コンクール最優秀作品の発表、講演会などを実施。子どもたちが体験活動を通して考えた、自身や地域の将来について発表した。結いジュニアリーダー育成講座、市キャリア教育推進協議会、同研究委員会など主催。

 キャリア教育は、自分の将来への夢や希望に向けて、学ぶ目的や働く意味を考え、自分の生き方を探すための教育。同フォーラムは、職場体験やふるさと学習などの体験活動により、働くことや生きることのすばらしさ、ふるさとのよさを子どもたちに伝え、将来の自立の基礎となる資質を育てる「飯田型キャリア教育」推進のため、地域でなすべきこと、できることについて考える機会としている。

 各中学校2年生の代表生徒12人が、地域での体験活動を通してふるさとや働くこと、生きることについて考えた「結いジュニアリーダー育成講座」の活動発表では、遠山郷での農業体験や職場体験などを通じて学んだことや、生徒会の特色ある活動について報告した。

 このうち旭ケ丘中の男子生徒は、リニア中央新幹線について学習したことを発表。「開通することで経済効果や人の交流など、いろんな影響があることを知った」とし、地域文化や人形劇のまちづくり、環境モデル都市としての歩みなどを未来につなげていく必要性を語り「自然や文化が尊重される社会にしたい。これからも飯田の未来について考えていきたい」と語った。

 続いて追手町小6年生と同校あさかぜ学級のコンサートや、飯田工業高校機械科3年生が実施した手製の観測用気球による成層圏からの撮影の取り組み報告、キャリア教育作文コンクール最優秀賞受賞者2人の作文発表を実施。上田情報ビジネス専門学校副校長による講演会「幸せな人生を歩むためにとても大切なこと」も行われた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「新しい学校生活」導入し

6月1日月曜日16:13

学生103人が事前登録

6月1日月曜日16:34

食を通して村を知る

5月30日土曜日13:12

自粛の市民活動再開へ

5月30日土曜日13:03

下條産リンゴ使ってます

5月29日金曜日15:46

伴野運動公園リニューアル

5月29日金曜日15:29

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞