飯田東中学校学友会が施設へ贈呈

学校・教育

[ 2010年 9月 27日 月曜日 11時24分 ]

 飯田東中学校学友会(鋤柄仁志学友会長)は、23日に開幕した学芸会開会式で、飯田市内4施設の代表者にCDラジカセやシルバーカーなどを贈呈した。環境ボランティア委員会が主体となり夏休み明けから全生徒で収集して得た資金をもとに品物を購入。目標の3万個を大きく超える約6万2000個を収集した。

 「挑戦~自分から、本気で~」をテーマに4月から活動展開してきた学友会は、同委員会を中心としたアルミ缶プロジェクトに着手。短期間だったものの各生徒が自宅や近所、店などに回収に赴いたほか、市街地で毎週末開催された祭りでもビニール袋片手に協力を呼び掛けた。

 贈呈先は3年生が福祉体験で訪れた施設から、贈呈要望のあった明星学園、上郷デイサービス、飯田市立病院、グループホーム北方の郷に決め、それぞれの施設が必要とする品を、この日の開会式に出席した代表者に手渡した。

 デジタルカメラを受け取った明星学園の宮下智総園長は「物をもらったのではなく気持ちをもらった。大切に使いたい」とお礼の言葉を述べていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞