飯田東中生徒がりんご並木で剪定作業

学校・教育

[ 2012年 2月 2日 木曜日 9時06分 ]

 飯田東中学校(北澤明校長)の並木委員と1~3年生の有志、並木アドバイザーなどは31日、世話を続けるりんご並木で春からの成長を促すための剪定作業や細菌防除を目的としたペースト材を切り口に塗布した。3年生は並木と触れ合う最後の機会になることから、共に育った並木への感謝の気持ちを込めながら作業に臨んだ。

 東中生徒の有志生徒約120人にシルバー人材センターや市教委職員などが参加。予定していた27日が雪の影響で延期されたものの、この日も厳しい冷え込みとなり、冷たい風が吹くなか日本手拭いをかぶった生徒たちは指定された各ブロックごとに分かれて実施。並木アドバイザーらが事前に切り落とした枝を集めたり、枝の切り口から病原菌侵入を防ぐペースト塗布に励んだ。

 昨年並木委員長として活動に取り組んだ3年生の女子生徒は「東日本大震災被災地へリンゴを送るなど復興支援を行う中で、並木も復興のシンボルだと改めて実感した」と振り返りながら、「並木を守りながら、ことしも引き続き復興支援を続けてもらいたい」と語り、バトンを受け取った2年生の新並木委員長は「昨年の並木を通じた取り組みで、より一層すばらしい並木になった。ことしも美味しいリンゴを作り、いろんな人たちに送り届けたい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

22年度完成へ協力要請

7月15日水曜日15:17

国交省の専門家 喬木村の崩落現場を調査

7月15日水曜日15:02

今年は個人客にも注力

7月14日火曜日15:30

飯伊各地に大雨の被害

7月14日火曜日15:01

傾斜地一面に1000株の花

7月11日土曜日13:24

事務所開設し活動本格化

7月11日土曜日13:49

土地取得し、造成後も管理

7月10日金曜日15:15

事業安定させ次世代へ

7月10日金曜日15:31

ルミナコイドに注目を

7月9日木曜日15:41

12年ぶり選挙戦へ動き加速

7月9日木曜日15:39

飯伊初の「大雨特別警報」

7月8日水曜日15:15

飯田の夜空に大輪の花

7月8日水曜日15:42

現職金田氏無投票で再選へ

7月7日火曜日15:52

赤く色づき肥大順調

7月7日火曜日15:04

伍和地区でデマンドタクシー

7月6日月曜日15:05








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞