飯田東中3年生がりんご並木に卒業記念植樹

学校・教育

[ 2011年 3月 15日 火曜日 10時44分 ]

 飯田東中学校の3年生は14日、世話を続けるりんご並木に卒業記念樹を植える植樹式典を開いた。飯田大火で焼失した街の復興を目指し整備し続けてきた同並木であることから、東北地方太平洋沖地震被災地の復興への願いと祈りの気持ちを込めながら丁寧に植えた。

 一昨年2本、昨年1本の木が枯れて伐採したことから、卒業を間近に控えた卒業生ら76人で植樹を決めた。植えたのは第2ブロックに「秋映」、第5ブロックに「ふじ」と「シナノゴールド」の各1本ずつで、説明看板のイラストは生徒が手掛けた。

 生徒代表あいさつで「寂しくなった並木ににぎわいを取り戻し、美しい街を作り上げると共に、東日本大震災の被災者、被災地をひと事と捉えず、1日も早い復興を祈りながら植樹しましょう」と話した。北澤明校長は記念樹を「卒業の木」と「鎮魂の木」と位置付け、「4、5年で実がなる。それまでの間も成長を見守り、収穫の喜びを分かち合いましょう」と呼び掛けた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27

新たな体験価値を創出

11月20日金曜日15:13

議員定数検討の中間報告

11月19日木曜日15:33

住民に寄り添う姿勢強調

11月19日木曜日15:16

かわいい新包装で再発

11月18日水曜日15:48

機動性高い最新機器実演

11月18日水曜日15:30

出身学生の帰省安心に

11月17日火曜日15:42

環境保全の計画公表

11月17日火曜日15:16

8年ぶりにカメラ発見

11月16日月曜日15:16

故人しのび思い出語る

11月16日月曜日15:55

「地域と共に進化を続け」

11月14日土曜日13:42








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞