飯田西中が「キャリア教育優良学校」で表彰

学校・教育

[ 2011年 1月 24日 月曜日 15時46分 ]

 飯田西中学校(藤松冬樹校長)はこのほど、今年度の「キャリア教育優良教育委員会・学校、企業およびPTA団体等文部科学大臣表彰」を受けた。21日、飯田市教育委員会定例会で受賞報告が行われた。

 キャリア教育の充実・発展に尽力し、顕著な功績が認められる教育委員会や学校、企業、PTA団体などに贈られる。ことしは全国で112団体が選ばれ、県内では同校のほか長野商業高校が受賞。今月開催された「キャリア教育推進フォーラム」(文部科学省主催)で授賞式が行われ、藤松校長が出席した。

 同校は06年度に2年生を対象として、市内で初めて5日間の職場体験学習を実施した。1年生は農業、3年生は林業といった地域産業を体験。勤労観・職業観を育み、生徒が自己を見つめ直して夢や目標の実現を目指す、独自のキャリア教育プログラムを作成した。

 今年度、文部科学省が行う「小・中学校における体系的・一貫的な進路指導(キャリア教育)に関する調査研究」の協力校に、丸山小学校とともに指定された。現在、丸山小と合同で児童生徒と職員が、キャリア教育の実践発表や研修会を行っている。

 藤松校長は「この5年間で子どもの職業観が成長し、学校全体の意識も変わった。地域と協同して進めていく中での成果。今後も市の協力を得ながら推進していきたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから






NEW!南信州新聞社特別ツアーのご案内











スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞