飯田西中1年生が民泊農業体験学習

学校・教育

[ 2016年 8月 24日 水曜日 15時38分 ]

飯田西中農家民泊

 飯田市立飯田西中学校の1年生78人は23、24日、同市千代、上久堅地区で農家民泊による農業体験学習を行った。5人前後のグループに分かれ、受け入れ農家(20軒)の作業を手伝い農業への理解を深めたほか、共にご飯を作ったり、川で遊んだりと交流を楽しんだ。

 農業体験を通じ働くことの苦労や喜びなどを実感することで、職業についての関心を高め職業観の基礎を培うとともに、学校外の人との触れ合いからコミュニケーション能力を磨こうと実施された。

 同市千代の近藤丑男さん宅には、5人の男子生徒が訪問。近藤さん宅では10年以上前から、県内外、国外からも農家民泊を受け入れているという。

 今回は、畑の除草作業や夕飯づくりを一緒に行った。訪れた5人とも農作業体験はほとんどないといい、最初は戸惑いを見せたものの、暑さにも負けず懸命に取り組んだ。

 生徒らは「作業は楽しいばかりではなく大変なことも多かったが、その分やり切った時の達成感も大きかった」、「農作業は楽しく、将来やってみたいと思った」と笑顔を見せた。

 近藤さんは「来た時にはなかなかしゃべることの出来なかった子どもたちが、2日目にはいろいろと質問もしてくれるようになった。わずかな時間で成長する子どもたちの姿を見ることができうれしかった」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

左岸側から架橋工事へ

12月4日金曜日15:39

大本山本圀寺の貫主に

12月4日金曜日15:00

3社で最大120人が離職

12月3日木曜日15:55

診療所の医師確保へ前進

12月3日木曜日15:56

「まんまるしぇ」にぎわう

12月2日水曜日15:21

コロナに負けず「子どもに夢を」

12月2日水曜日15:02

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞