飯田西中1年生が民泊農業体験学習

学校・教育

[ 2016年 8月 24日 水曜日 15時38分 ]

飯田西中農家民泊

 飯田市立飯田西中学校の1年生78人は23、24日、同市千代、上久堅地区で農家民泊による農業体験学習を行った。5人前後のグループに分かれ、受け入れ農家(20軒)の作業を手伝い農業への理解を深めたほか、共にご飯を作ったり、川で遊んだりと交流を楽しんだ。

 

 農業体験を通じ働くことの苦労や喜びなどを実感することで、職業についての関心を高め職業観の基礎を培うとともに、学校外の人との触れ合いからコミュニケーション能力を磨こうと実施された。

 

 同市千代の近藤丑男さん宅には、5人の男子生徒が訪問。近藤さん宅では10年以上前から、県内外、国外からも農家民泊を受け入れているという。

 

 今回は、畑の除草作業や夕飯づくりを一緒に行った。訪れた5人とも農作業体験はほとんどないといい、最初は戸惑いを見せたものの、暑さにも負けず懸命に取り組んだ。

 生徒らは「作業は楽しいばかりではなく大変なことも多かったが、その分やり切った時の達成感も大きかった」、「農作業は楽しく、将来やってみたいと思った」と笑顔を見せた。

 

 近藤さんは「来た時にはなかなかしゃべることの出来なかった子どもたちが、2日目にはいろいろと質問もしてくれるようになった。わずかな時間で成長する子どもたちの姿を見ることができうれしかった」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号