飯田西中2年2組が公開授業

学校・教育

[ 2013年 9月 20日 金曜日 9時21分 ]

 飯田市立飯田西中学校2年2組の生徒25人は18日、同市羽場公民館で家庭科の公開授業を行い、同公民館の吉澤之栄館長をゲストティーチャーに迎え、地域との関わり方などについて学んだ。

 この日の授業のテーマは、「地域の活動がなぜ行われるのかを考え、地域とどのように関わり合っていったらいいか考えよう」。地域活動の意味について考えた生徒らは、「地域を明るくする」「絆を深める」「活性化させる」「住みやすい場所にする」などと、それぞれの意見を発表した。

 また、地域のために自分たちができることについては、「地域活動に積極的に参加する」「地域の人に声を掛ける」「地域に対する自分の思いをどんどん述べる」などを挙げ、今後の授業で、より良い地域にするためのアイデアをまとめ、羽場・丸山地区のまちづくり委員会に伝えることを決めた。

 授業で吉澤館長は、「中学生は地域の一員として大切な存在。地域活動は大人だけがやるものではないので、積極的に参加したり、意見を述べたりしてほしい。皆さんは今だけではなく、将来のこの地域にとっても大事な人。将来もぜひこの地域で活躍して下さい」と呼び掛けていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「新しい飯田市を一緒に」

10月28日水曜日15:16

天竜川橋梁年内着工へ

10月28日水曜日15:15

「おいしいメンマいかが」

10月27日火曜日15:21

職員を激励「つながり大切に」

10月27日火曜日15:15

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞