飯田西中2年2組が公開授業

学校・教育

[ 2013年 9月 20日 金曜日 9時21分 ]

 飯田市立飯田西中学校2年2組の生徒25人は18日、同市羽場公民館で家庭科の公開授業を行い、同公民館の吉澤之栄館長をゲストティーチャーに迎え、地域との関わり方などについて学んだ。

 この日の授業のテーマは、「地域の活動がなぜ行われるのかを考え、地域とどのように関わり合っていったらいいか考えよう」。地域活動の意味について考えた生徒らは、「地域を明るくする」「絆を深める」「活性化させる」「住みやすい場所にする」などと、それぞれの意見を発表した。

 また、地域のために自分たちができることについては、「地域活動に積極的に参加する」「地域の人に声を掛ける」「地域に対する自分の思いをどんどん述べる」などを挙げ、今後の授業で、より良い地域にするためのアイデアをまとめ、羽場・丸山地区のまちづくり委員会に伝えることを決めた。

 授業で吉澤館長は、「中学生は地域の一員として大切な存在。地域活動は大人だけがやるものではないので、積極的に参加したり、意見を述べたりしてほしい。皆さんは今だけではなく、将来のこの地域にとっても大事な人。将来もぜひこの地域で活躍して下さい」と呼び掛けていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

演劇通じコミュニケーション

3月4日木曜日15:56

「駅前プラザ」(仮称)イメージ示す

3月4日木曜日15:34

「森林環境教育の模範」

3月3日水曜日15:56

安全に遊べるおもちゃを

3月3日水曜日15:40

ロボコンで全国優勝

3月2日火曜日15:14

学びを糧に新たな進路へ

3月2日火曜日15:58

遠山郷の可能性探る

3月1日月曜日15:35

走って火災予防啓発

3月1日月曜日15:58

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53

伊達の奏者と遠隔交流

2月25日木曜日15:24

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞