飯田風越高書道部の作品展

学校・教育

[ 2012年 12月 28日 金曜日 9時16分 ]

 飯田風越高校書道部(山田智与部長、22人)による作品展「私の好きな南信州」が1月7日まで、飯田市内3会場で開かれている。市の「結い(UI)ターン冬のキャンペーン」の一企画。南信州をイメージして共同制作した作品を展示している。

 UターンやIターンを希望する人たちが飯田に定住できるまでのお手伝いをする同キャンペーンの一環。高校生の視点から、ふるさとの魅力を伝えてもらおうと企画した。

 同部では、部員それぞれの抱く南信州のイメージや特徴、良さを出し合った。カキやナシ、リンゴなどの作物や、サクラ、ハナモモなどの植物、獅子舞、りんご並木、天龍峡といった、思いついた言葉を3グループに分類。160センチ×180センチの紙に1人ずつ書いていき、3会場に各1点並べた。

 JR飯田駅観光案内所展示スペース「結いの駅」では、山田部長と1年生5人が制作した作品を展示。人の温かさをイメージした「温」や大好きな「家族」、将来への思いを込めた「夢」「希望」といった、それぞれに思い入れのある言葉を表現。言葉の印象にあわせて異なる書体を用いたり、色を変化させたものも。

 今村梨乃さん(16)は「愛」の言葉を担当。赤を用い、行書体で表現した。「南信州には家族愛や故郷への愛など、たくさんの愛があると思う。いろんな意味を込めて書いた。うまく表現できたと思う」と語った。

 山田部長は「作品としての仕上がりは良いと思う。南信州のことをあらためて考え、その良さを知る良い機会になり、楽しかった」と話していた。

 作品展はアピタ飯田店とりんご庁舎2階オープンスペースでも開催されている。

 キャンペーンに関する問い合わせは、市役所内の結いターンキャリアデザイン室(電話22・4511内線3512)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24

待望の打ち上げに歓声 冨士山稲荷神社の「むぎわら祭り」

7月10日火曜日15:12

甘み十分、ピンク色に 豊丘村で桃狩り始まる

7月7日土曜日14:15

「来場して幸せな気分に」 22日にザ・ファイナル2018

7月7日土曜日14:47

飯田市内1121世帯に避難勧告

7月6日金曜日15:55

飯田で子ヤギのセリ市を開催

7月6日金曜日15:24