飯田高の高松祭で世界の教育事情展示

学校・教育

[ 2012年 6月 27日 水曜日 9時21分 ]

 東京大学が1月に発表した秋入学への全面移行素案から発展して、日本と世界の教育事情を調べた展示発表がこのほど、飯田高校の「第57回高松祭」であった。イベント的なものに目が行きがちな文化祭だが、地味で目立たない展示発表に取り組んだ生徒たちの努力のあとがうかがわれた。

 取り組んだのは、同校図書委員会の図書係の生徒46人。学校司書から東京大学の発表について聞いたのをきっかけに、2月から構想を練り、4月から分担して調べたりまとめを行った。図書委員会では「図書館の資料を使ってこんなことが調べられることを知ってもらおう」と毎年テーマを決めて取り組んでいる。

 今年の展示は、東大が発表した秋入学の意図やその影響などから発展して、世界の授業時間や授業科目、義務教育の年数と大学進学率、休み時間など幅広い内容となった。図書係長を務めた3年生の男子生徒は「教育と言っても生活から制度まで幅が広く、それをどうまとめるか大変だった。信州大学国際交流センターへアンケートをお願いし、留学生ら70人が思ったよりしっかり答えてくれたのでありがたかった」という。

 図書係で2年生の男子生徒は「国の文化や歴史、宗教などが教育にいろいろと反映されていることを感じた。東大の秋入学は高いレベルで話をしているだけ。もっと社会全体の問題として議論していく必要がある」と感想を語った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52