飯田高邦楽班が高校総合文化祭優良賞

学校・教育

[ 2014年 8月 14日 木曜日 8時51分 ]

飯田高邦楽班 飯田高校(飯田市上郷黒田)邦楽班がこのほど、全国高校総合文化祭の日本音楽部門で優良賞を受賞した。昨年に受けた最高賞の文部科学大臣賞(1校)や2010年の文化庁長官賞(3校)には及ばなかったが、次点4校に贈られる賞で2年連続の入賞。生徒たちは「出演した19人の心が一つになった。大会本番で最も完成度の高い演奏ができた」と成果を喜んでいる。

 

 大会は7月30、31日に茨城県で開かれ、長野県内からは昨年7月の県大会で好成績を収めた飯田と飯田女子(同市上郷飯沼)の2校が出場。全50校が規定時間9分以内でそれぞれが選んだ楽曲を演奏した。

 

 飯田高は2、3年生19人が出場し、「箏(こと)のための組曲」(石桁真礼生作曲)を披露。「入賞を目標にあえて選んだ難しい曲」といい、ことし1月から本格的な練習に打ち込んできた。

 

 日々の練習では、楽曲の繊細さやスケール感を表すため、箏の種類に応じた3つのパートごとでも全体でも試行錯誤を重ねた。細かな響きを確認するために同校剣道場で練習したり、音をそろえるために他校の技法を映像で参考にしたり。悩みながらも、演奏を楽しむことを大切にしたという。

 

 発展途上で迎えた全国大会は2日目の登場。3年生の部長(17)は「どの出場校もレベルが高く、刺激を受けて臨んだ。練習以上の演奏ができてうれしい」と振り返り、副部長(同)らも「一人ひとりの練習の成果が出せた」「大会本番が最高の出来」と笑顔を見せた。

 

 邦楽班の技術指導を担う大平睦さんも「本番のステージで心が一つになった」と驚きを隠さず「内に秘めていた力を発揮してくれた」と生徒たちの集中力と日々の努力をたたえていた。

 

 飯田高邦楽班は7月25日に行われたことしの県大会でも最優秀賞に輝き、16年連続となる来年の全国大会への出場を決めた。ことしを含め、これまでに5回の入賞を誇る。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

五輪メダルの製作に 松川町も来月から協力

1月20日土曜日14:27

ザザムシ食べまいか かわらんべで調理体験

1月20日土曜日14:45

東京大会へ期待膨らむ 松川北小で五輪・パラ「フラッグツアー」

1月19日金曜日15:22

清流苑に「つるしびな」2500体 手作りの人形華やぐ 松川町

1月19日金曜日15:51

地権者らに組合加入を依頼 リニア予定地の上郷北条・丹保地区

1月18日木曜日15:11

三遠南信道で衝突事故 4人を病院に搬送

1月18日木曜日15:09

元気に踊って表現力を 千代小でダンスパーティー

1月18日木曜日15:00

地元の酒や公演楽しむ 大人対象に人形劇講座

1月17日水曜日16:34

「冬至梅」ほころび始める 春告げる天龍村で3分咲き

1月17日水曜日16:33

飯田市上村、地区の魅力をSNSで発信 フェイスブックの公式ページ開設

1月17日水曜日16:02

鼎→桜町 「願いかなえて桜」切符が人気 受験シーズン迎え

1月16日火曜日16:17

候補地情報の調査開始 体育施設とコンベンション施設 南信州広域連合

1月16日火曜日15:34

「東京五輪で使って」 天龍中生が村産杉で手作りのハンガー

1月16日火曜日15:46

フラッシュ禁止で味わい深い祭り復活 阿南町新野の雪祭り

1月15日月曜日15:57

小集落ながら県内最大級 千代・法全寺で御火

1月15日月曜日15:37



南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu



記事の検索はこちらから







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号