高校総合文化祭で優良賞受賞 飯田高邦楽班

学校・教育

[ 2014年 8月 14日 木曜日 8時51分 ]

 飯田高校(飯田市上郷黒田)邦楽班がこのほど、全国高校総合文化祭の日本音楽部門で優良賞を受賞した。昨年に受けた最高賞の文部科学大臣賞(1校)や2010年の文化庁長官賞(3校)には及ばなかったが、次点4校に贈られる賞で2年連続の入賞。生徒たちは「出演した19人の心が一つになった。大会本番で最も完成度の高い演奏ができた」と成果を喜んでいる。

 大会は7月30、31日に茨城県で開かれ、長野県内からは昨年7月の県大会で好成績を収めた飯田と飯田女子(同市上郷飯沼)の2校が出場。全50校が規定時間9分以内でそれぞれが選んだ楽曲を演奏した。

 飯田高は2、3年生19人が出場し、「箏(こと)のための組曲」(石桁真礼生作曲)を披露。「入賞を目標にあえて選んだ難しい曲」といい、ことし1月から本格的な練習に打ち込んできた。

 日々の練習では、楽曲の繊細さやスケール感を表すため、箏の種類に応じた3つのパートごとでも全体でも試行錯誤を重ねた。細かな響きを確認するために同校剣道場で練習したり、音をそろえるために他校の技法を映像で参考にしたり。悩みながらも、演奏を楽しむことを大切にしたという。

 発展途上で迎えた全国大会は2日目の登場。3年生の部長(17)は「どの出場校もレベルが高く、刺激を受けて臨んだ。練習以上の演奏ができてうれしい」と振り返り、副部長(同)らも「一人ひとりの練習の成果が出せた」「大会本番が最高の出来」と笑顔を見せた。

 邦楽班の技術指導を担う大平睦さんも「本番のステージで心が一つになった」と驚きを隠さず「内に秘めていた力を発揮してくれた」と生徒たちの集中力と日々の努力をたたえていた。

 飯田高邦楽班は7月25日に行われたことしの県大会でも最優秀賞に輝き、16年連続となる来年の全国大会への出場を決めた。ことしを含め、これまでに5回の入賞を誇る。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24

待望の打ち上げに歓声 冨士山稲荷神社の「むぎわら祭り」

7月10日火曜日15:12

甘み十分、ピンク色に 豊丘村で桃狩り始まる

7月7日土曜日14:15