高松学園3校連携 高校で短大の授業を開講

学校・教育

[ 2012年 4月 14日 土曜日 13時28分 ]

 学校法人高松学園(高松信英理事長、飯田市松尾代田)の飯田女子高校と伊那西高校は本年度から、飯田女子短期大学の科目の一部を特別授業として実施している。高大連携事業の一環。10日に伊那西で生物学、12日に飯田女子で心理学の授業が始まった。

 短大と高校の連携強化による教育の機会拡大と、教育レベルの向上をねらいとしている。短大の教員が両校に赴いて行う授業と、高校生が短大へ行って受ける授業を組み合わせて実施。短大と同レベルの内容を90分授業で行うが、生徒が理解しやすいよう、高校の教諭と話し合いながら授業展開を組み立てていくという。

 ことしは家政学科の生物学と幼児教育学科の心理学を、半期ごとに両校で開講。科目を履修し、短大へ入学した生徒には単位が認定される。今後は授業数を増やしたり、看護学科の授業など他の科目の開講も検討している。

 飯田女子では、はじめに心理学の授業が開始された。同科目を選択した総合コースの3年生45人が受講。幼児教育学科の黒岩長造教授が講師を務めた。この日は心理学のイントロダクションとして、集団における心理の構造について取り上げた。

 集団に属することで意見が変化する人間の心の動きを、実験によって解明する様子を映像で見たり、講義を聞いてメモをとったり。生徒たちは初めて教わる内容に注意深く耳を傾けていた。

 生徒らは「習ったことがない分野。人の感情のことなので、難しいかなと感じた」、「心理学の授業は初めてなので新鮮。心について単純に考えていたけど、自分も(集団になることで)知らない間に心を動かされているかも」と、短大の授業を体験していた。

 同校では1学期と夏休み期間まで心理学の授業を行い、2、3学期に生物学を開講する予定。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞