高校入試前期選抜の合格発表

学校・教育

[ 2014年 2月 15日 土曜日 10時19分 ]

 2014年度県立高校入試の前期選抜の合格者が14日、県内各校で一斉に発表された。合格者番号は各校のホームページでも掲載された。

 飯田下伊那では、飯田と飯田風越のいずれも普通科を除く7校15科で前期選抜が6日に行われ、募集人員444人(前年度同)に対し、674人(前年度639人)が志願。そのうち445人が合格し、一足早く「15の春」を迎えた。飯伊7校の平均倍率は1・52倍で前年度(1・44倍)を0・8ポイント上回った。

 このうち、飯田市鼎名古熊の下伊那農業高校では、午後1時に合格者の番号を載せたボードが正面玄関前に掲示された。大雪警報が出る吹雪の中、心配そうに待ち構えていた保護者らが訪れ、お目当ての番号をチェック。該当の番号を携帯電話のカメラに収めたり、家族に電話で知らせる姿が見られた。

 長女の合格を確認した女性(38)は「まずはひと安心」とホッとした表情だった。

 同校の前期選抜は165人が受験し、校長裁量の1人を含む81人が合格した。倍率は、アグリサービス科が県内で3番目に高い2・60倍をはじめ他の3科も軒並み高かった。小澤健教頭(56)は「志願者が昨年以上に多かったことをうれしく思っている。日頃の取り組みが地域の方々に評価された表れ」と話していた。

 入学確約書の提出期限は20日。筆記試験が中心の後期選抜の志願受付は24日~26日。志願変更受付期間は27日~3月4日、選抜実施は11日、入学予定者の発表は20日の日程となっている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

地元産の安全な野菜を

4月8日水曜日17:35

テイクアウト情報を発信

4月8日水曜日17:31

阿智村昼神温泉郷のハナモモが見ごろ

4月7日火曜日16:11

現新の前哨戦 熱帯び始め

4月7日火曜日16:09

青空の下 桜満開

4月6日月曜日16:20

自然感じる憩いの場に

4月6日月曜日15:09

「根羽学園」が開校

4月4日土曜日14:23

名桜巡り「少しでも和んで」

4月4日土曜日14:47

夢へ「一歩」踏み出す

4月3日金曜日15:02

カタクリが見ごろ

4月3日金曜日15:00

訪問看護ステーション開設

4月2日木曜日15:05

ピカピカの1年生が祈願

4月2日木曜日15:24

佐藤氏が出馬正式表明

4月1日水曜日16:56

さらしでマスクづくり

4月1日水曜日16:25

「プール開き」へ清掃に汗

3月31日火曜日15:22








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞