高校生がプロから舞台照明学ぶ

学校・教育

[ 2013年 1月 15日 火曜日 16時52分 ]

 高校生を対象にした舞台照明講習会が12日、飯田市鼎中平の市鼎文化センターであった。飯田下伊那地域の5高校で演劇部などに所属する30人が参加し、座学と実習を通じて照明の基本を学んだ。

 舞台照明技術の習得と高校演劇の技術の向上、舞台芸術にかかわる技術者の育成などを目指し、飯伊地区高等学校演劇連盟と鼎公民館が企画。飯田、飯田風越、松川、下伊那農業、飯田女子の5校から30人が参加した。

 講師を務めたのは、同センターのホール技術担当者。座学では特殊なライトなど専門機器を紹介し、照明により舞台の雰囲気を変えられること、光の当て方で感情を表現できることなどを伝えて「照明は一つの表現、芸術の一つだ」と強調した。

 ステージに立たせたマネキンに向って様々な方向から光を当てて見え方を探る実践や、赤、青、緑の三原色を組み合わせて色をつくる実習も行った。

 高校生たちは装置を手にとり、色を合わせたり、交代で光を照射し合って影の見え方を確認したり。機械でコントロールしている操作室にも入り、機器の扱い方も学んだ。

 飯田風越高校2年の生徒(17)は「学校では扱うことができない専門的な照明器具を使えることができて楽しい。しっかり勉強して秋の地区大会に生かしたい」と話していた。

 講師は「舞台に係る者の一人として、高校生の皆さんに照明の大切さを伝えることができて良かった。将来、舞台の仕事を目指す生徒が増えたら」と期待を寄せていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

1人超過の激戦始まる

4月20日火曜日16:35

接種券の発送始まる

4月20日火曜日16:26

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41

定数3超の26派が出席

4月13日火曜日16:18

27人予定、4人落ちの激戦に

4月10日土曜日13:25










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞