高校生活への期待胸に

学校・教育

[ 2021年 4月 6日 火曜日 15時33分 ]

 飯田下伊那地域の県立・私立高校8校のうち6校で6日、2021年度入学式が開かれた。このうち、松川町上片桐の県立松川高校(宮澤直哉校長)では、真新しい制服に身を包んだ新入生120人が式典に臨み、高校生活への第一歩を踏み出した。阿智高校と私立の飯田女子高校は7日に入学式を予定する。

 教師や保護者の拍手に迎えられ、新入生が入場。国歌に続いて宮澤校長が120人全員の入学許可を宣言した。

 新入生代表の男子生徒が宣誓。「新しい出会いに期待と不安で胸がいっぱい。困難にぶち当たることもあると思うが、向き合えば解決できるはず。しっかりと前に進んでいきたい」と語り、松高生としての誇りを持ち自立した高校生活を心掛けることを誓った。

 宮澤校長は「創造」「自律」「誠実」の3つの校訓を紹介し「予測困難な時代を生き抜く力のみなもとが創造力。未来の地域、世界を支える立派な大人に成長してほしい」と語った。

 また生徒自らが定めた「松高スマホルール」を紹介し、自らをコントロールする自律の大切さを伝え、自分に対して周囲に対して誠実であるよう呼び掛けた。

 各学級の正副担任や校歌の紹介をして入学式を終えた。新型コロナウイルスの感染防止のため、本年度は町や同窓会、PTAなどの来賓を招待せず、保護者は1家庭1人の参列に限り、簡素な形式で開催した。

◎写真説明:松川高校の入学式

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41

定数3超の26派が出席

4月13日火曜日16:18

27人予定、4人落ちの激戦に

4月10日土曜日13:25

山村留学生18人が抱負

4月10日土曜日13:44

参院補選の期日前投票

4月9日金曜日16:52

スポーツでの交流拠点に

4月9日金曜日16:46

与野党対決火ぶた

4月8日木曜日15:42

子どもの「心のケア大事に」

4月8日木曜日15:20

園児に聖火トーチ披露

4月7日水曜日15:01

人波作戦で交通安全PR

4月7日水曜日15:45

開花に合わせ田に水張り

4月6日火曜日15:13

高校生活への期待胸に

4月6日火曜日15:33

中山間地に「新しい風を」

4月5日月曜日16:21










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞