高森南小でお花見給食開く

学校・教育

[ 2014年 4月 12日 土曜日 8時40分 ]

 高森町の高森南小学校で10日、恒例のお花見給食があった。晴天の下、全校児童約740人が会話を弾ませながら給食を楽しんだ。

 お花見給食は、1962(昭和37)年から続く同校恒例の行事。枝先が地面にまで延びた桜の木の下にシートを広げ、低学年と高学年が一緒になるよう3グループに分かれた。それぞれ「いただきます」を合図に、頭上の桜を眺めながら特別メニューの五平餅などをほお張った。

 校庭の周囲にぐるりと植えられたソメイヨシノは55本。「日本一の学校桜」として広く親しまれる。昭和のはじめに小学校の統合を記念して植えられたもので、樹齢80年を超える大木も多い。町登録文化財にも指定され、開花の時期には各地から訪れた花見客や写真愛好家らでにぎわう。

 ことしの見頃は15日ごろまで。

 11、12日はペットボトルキャンドル約500個で桜を照らし出す「キャンドルナイト」が開かれた。町の活性化を図る若者グループ「タカート」が主催。地元の小学生が作ったペットボトルを使い、桜を闇夜に浮かび上がらせた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「おいしいメンマいかが」

10月27日火曜日15:21

職員を激励「つながり大切に」

10月27日火曜日15:15

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞