高森南小4年生が市田柿作りに挑戦

学校・教育

[ 2017年 11月 1日 水曜日 16時57分 ]

002ichidagaki

 高森町高森南小学校の4年生約140人が1日、町特産の干し柿「市田柿」作りに挑戦した。農家ら地域ボランティアの協力で皮をむき、乾燥させるためにつるしてすだれ状にした。干し柿は2カ月ほどで完成し、児童は来年1月に試食会を予定する。

 郷土食に触れる機会として、同校では毎年、4年生が干し柿作りを体験する。

 学校の敷地内には柿の木が10本植わり、オレンジに色付いた実約1000個を事前に収穫した。この日はクラスごとプールサイドに集まってへたを取り除いたり皮をむき、大小に分けてつるした。

 アドバイスを受けながら慎重に皮をむき、慣れてくると手際よく皮をむく児童の姿も見られた。岩崎颯馬君(10)は「自分たちでやると倍おいしくなりそうで、食べるのが楽しみです」と話した。

 つるした実は燻蒸(くんじょう)後、プールの脇で乾燥させる。

 学校と地域住民が連携し、地域ぐるみの教育、子育て環境づくりを目指す「信州型コミュニティースクール」の一環で、農家ら地域ボランティアの25人が講師役を務めた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

北部5町村でワクチン接種券配布

4月21日水曜日15:09

春の星空を堪能

4月21日水曜日15:35

1人超過の激戦始まる

4月20日火曜日16:35

接種券の発送始まる

4月20日火曜日16:26

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞