高森町のみつば保育園で防災意識を高める紙芝居披露

学校・教育

[ 2010年 7月 7日 水曜日 8時13分 ]

 幼児期から防災意識を高めてもらおうと、飯田広域消防がオリジナルの紙芝居を作成。5日に高森町牛牧のみつば保育園(小平徳子園長)で披露され、園児83人に地震の恐ろしさや備えについて伝えた。

 この日は高森消防署予防係長の北原昭夫さん、飯田消防署の消防士である松生真衣さんと山本愛さんが同園を訪問。松生さんと山本さんが紙芝居「ひめちゃんの地震だおちついて!」を演じた。

 物語は、姫リンゴのひめちゃんが保育園で友だちとお遊戯をしていると、なまずの地震怪獣「グラグーラ」が登場し地震を起こす―というもの。キャラクターたちは地震にあわてて他の人を押したり騒いだり。「これではいけない」と、松生さんたちは地震の時の合言葉「おはし」について説明した。

 「おはし」は地震の際に心掛ける3つの行動「押さない」「走らない」「しゃべらない」の頭文字をとったもの。「グラグーラがきたらまず机の下や安全な場所にかくれて、地震がおさまったら静かに避難して」と話し、「地震がきた時は『おはし』の合言葉を思い出して」と呼び掛けた。

 今回演じた紙芝居は、松生さんと山本さんの手作り。昨年にも火災の恐ろしさを伝える紙芝居を作成しており、今回は第2弾だという。松生さんらは「これからも新しい防災紙芝居を考えて作っていきたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞