高森町出身の寺澤教授が飯田高で最新の測定技術を導入

学校・教育

[ 2010年 2月 3日 水曜日 9時06分 ]

 岡山大学大学院教育学研究科の寺澤孝文教授(46)=高森町山吹出身=は4月から1年間、母校の飯田高校で最新の測定技術を導入した任天堂DS用の英単語ソフトを使った学習実験を行う。決まった時間の学習を行う生徒の募集に関する説明会を1日、1年生を対象に開始した。

 この実験のコアとなるマイクロステップ計測技術は、寺澤教授が1996(平成8)年から国の補助金を受けて研究を開始。2年ぐらい前から実用段階に入った新しいテスト技術として、岡山大学の重点研究に指定されている。「一夜漬けの効果を排除した、実力レベルの学習効果を連続測定する、世界で最先端の測定技術」という。

 09(同21)年に最終的な検証実験を東京の麻布高校で実施し、予想どおりの結果を得ている。今回、その新技術を移植した任天堂DS用の英単語学習ソフトを利用し、実質的に英単語の語彙力を向上させる実証実験を、母校であり5、6年前にも実験している飯田高校で開始する。

 寺澤教授は「今のテストは一部の単語を取り出してテストしているが、この技術は全部の単語を連続して測定する。また、いつどういうペースで勉強していくか、どのくらい時間を開けてテストするか年単位でスケジューリングしてしまう。スケジュールをコンピュータを使って作り出す原理が今までなかった。この技術をシステムに落とすのがかなり大変だったが、10年間かけてシステムづくりをやってきた」と説明。

 「一人ひとりの実力レベルを描き出せる。勉強すれば成績が上がるとよくいわれるが、自分の実力の変化を科学的に把握できる。一夜漬けだとすぐに忘れてしまうが、潜在記憶は消えても残っており実力となる。覚える必要はない」と話している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07

継続か刷新か市民判断へ

10月16日金曜日14:59

手づくり線香花火に歓声

10月16日金曜日14:10








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞