高森町南小で習字指導 住民を講師役に迎え

学校・教育

[ 2016年 5月 26日 木曜日 16時38分 ]

 高森町高森南小学校で26日、町民の地域講師による習字指導があった。学校と地域住民が連携し、地域ぐるみの教育、子育て環境づくりを目指す「信州型コミュニティースクール」の一環で、3年生が対象。児童たちは真剣な表情で筆を振るった。

 書道教室を30年近く主宰する宮島節子さんら14人を講師に迎え、4つのクラスごとに指導を受けた。

 このうち3組の約35人は「二」の1字に挑戦。宮島さんから筆の持ち方や姿勢、上手に書くポイントを教わった。墨汁を筆の先端に染み込ませると一気に集中し、手本を思い出しながら慎重に筆を走らせた。児童の一人(8)は「最初は難しかったけど、教えてもらってうまく書けた」と話していた。

 コミュニティースクールでは、住民が日常的に授業や学校行事へ参加したり、登下校の見守りなどで子どもとかかわり、教育をサポートする。

 同校では「柿の里コミュニティースクール」として4月にスタートさせた。講師役を地域に呼び掛けたところ、これまでに16人が応じた。本年度は習字のほか、家庭科の裁縫、将棋などのクラブ活動にも地域講師として迎える予定。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

たくさんの笑顔と感動を

8月5日木曜日15:47

「りんごん」一転中止に

8月5日木曜日15:35

市町村走り継ぎ要請

8月4日水曜日15:39

五輪出場選手が来町

8月4日水曜日15:25

ゲレンデを橙色に染め

8月3日火曜日16:56

夏越の祓奉納演奏を

8月3日火曜日16:46

応援と感謝の気持ち込め

8月2日月曜日15:08

水鉄砲で暑さ飛んでけ

8月2日月曜日15:43

県がトンネル新設を計画

7月31日土曜日13:40

橋南の夏休み子ども教室

7月31日土曜日13:52

住民や園児の手製が並ぶ

7月30日金曜日15:18

2年ぶり全国の舞台へ

7月30日金曜日15:00

目指すはベスト8

7月29日木曜日15:54

「村のチーム」で勝ち上がる

7月29日木曜日15:00

スポーツ活動検討委員会 中学部活動など意見交換

7月28日水曜日15:22








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞