高森町南小で習字指導 住民を講師役に迎え

学校・教育

[ 2016年 5月 26日 木曜日 16時38分 ]

 高森町高森南小学校で26日、町民の地域講師による習字指導があった。学校と地域住民が連携し、地域ぐるみの教育、子育て環境づくりを目指す「信州型コミュニティースクール」の一環で、3年生が対象。児童たちは真剣な表情で筆を振るった。

 書道教室を30年近く主宰する宮島節子さんら14人を講師に迎え、4つのクラスごとに指導を受けた。

 このうち3組の約35人は「二」の1字に挑戦。宮島さんから筆の持ち方や姿勢、上手に書くポイントを教わった。墨汁を筆の先端に染み込ませると一気に集中し、手本を思い出しながら慎重に筆を走らせた。児童の一人(8)は「最初は難しかったけど、教えてもらってうまく書けた」と話していた。

 コミュニティースクールでは、住民が日常的に授業や学校行事へ参加したり、登下校の見守りなどで子どもとかかわり、教育をサポートする。

 同校では「柿の里コミュニティースクール」として4月にスタートさせた。講師役を地域に呼び掛けたところ、これまでに16人が応じた。本年度は習字のほか、家庭科の裁縫、将棋などのクラブ活動にも地域講師として迎える予定。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

3カ月ぶり水しぶき

3月6日土曜日14:54

「願いかなえてさくら咲け」

3月6日土曜日13:58

コミュニティスクール発足

3月5日金曜日15:54

ICTによる貢献誓う

3月5日金曜日15:28

演劇通じコミュニケーション

3月4日木曜日15:56

「駅前プラザ」(仮称)イメージ示す

3月4日木曜日15:34

「森林環境教育の模範」

3月3日水曜日15:56

安全に遊べるおもちゃを

3月3日水曜日15:40

ロボコンで全国優勝

3月2日火曜日15:14

学びを糧に新たな進路へ

3月2日火曜日15:58

遠山郷の可能性探る

3月1日月曜日15:35

走って火災予防啓発

3月1日月曜日15:58

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02










記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞