高森町小中学生が町長らに質問

学校・教育

[ 2013年 2月 7日 木曜日 9時47分 ]

 高森町の小中学生が町政など町の課題について町長らに質問する「たかもり★みらい議会」が6日、町役場の議場で行われ、小中学生の代表者が熊谷元尋町長らに質問、提案した。

 午前の小学生の部には高森北、南の両小学校6年生計約160人が参加。児童2人が交代で議長を務め、クラスごと3人ずつ質問に立った。

 北小の6年生は「きれいな町」をテーマに、ごみ拾いを促す取り組みを提案。ごみを拾った人に町内で使える商品券を渡す提案に対し、熊谷町長は「有効かもしれないが、ごみを捨てないルールを守ることが第一だと思う」と答えた。健康ウオーキングや祭りなどのイベントにごみ拾いを取り入れては―といった提案もあった。

 南小の6年生は町キャラクター「柿丸くん」に触れ、柿丸くんの絵描き歌を紹介。「県内外の人にもっと知ってもらえるように」と願いを込め、町特産の干し柿「市田柿」の知名度アップにもつながるとした。

 同議会は、町の未来を担う子どもたちが現状、課題、将来について関心を持ち、考えるきっかけに―と07年に始まり6回目。午後の中学生の部では、健全な財政運営、安全・防災対策について熊谷町長の考えを質したり、環境保全や景観、特産を生かした町のPRなど魅力ある町づくりに向けた提案もあった。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

北部5町村でワクチン接種券配布

4月21日水曜日15:09

春の星空を堪能

4月21日水曜日15:35

1人超過の激戦始まる

4月20日火曜日16:35

接種券の発送始まる

4月20日火曜日16:26

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞