魅力伝えるチラシを作成

学校・教育

[ 2020年 12月 23日 水曜日 15時06分 ]

 「和田小のみんなと学びませんか」―。飯田市南信濃の和田小学校は1月、東京都内で郵便局のサンプリングサービスを利用し、同校での教育移住体験などをPRする。4年生が手づくりしたチラシなど1000組を子育て世代にしぼり込んで配布し、ピンポイントで関心を引く。

 チラシは同校の4年生が国語の授業を使い「和田小学校のよさを伝えよう」と書き上げた。人形劇や茶摘みなど地域の人と接して学ぶことができる姿、友だちが面白く、先生はやさしいなどの魅力を記し、「楽しい和田小を10年も20年も続けていきたい。一緒にすばらしい小学校生活をおくりましょう」と呼び掛けている。

 郵便局が窓口でチラシや試供品などを手渡す同サービスを活用する。

 4年生の女子児童の一人(10)は「南信濃は都会にはない自然がいっぱいで、とても住みやすいところ。たくさんの人に知ってもらい、一緒に学べる友だちが増えたらうれしい」と話した。

 同校の児童数は28人。2023年には19人にまで減少する見込み。学校運営協議会は「学校の存続に向け、児童数の減少問題は待ったなしの状況」とし、本年度から移住、定住の促進に向けた地域や学校のPR活動に力を入れている。

 大池満校長は「活動を通じ、地域の危機意識が高まるとともに、外部からの反応も出てくるようになった。何もせず待っていても子どもは減るばかり。できることから何でも取り組んでいきたい」と力を込めていた。

◎写真説明:魅力を伝えるチラシを作成した4年生

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞