龍江小、ワイン用ブドウの収穫体験

学校・教育

[ 2014年 9月 11日 木曜日 9時54分 ]

 飯田市龍江の農業法人今田平(大平盛男社長)は8日、ワイン用ブドウの収穫を行った。同日は近隣住民30人の他、地域の産業を学ぼうと龍江小学校(村松真智子校長、129人)の全校児童も訪れ、収穫を体験した。

 同農場は、2004年からワイン加工用の「五一アムレンシス」という品種を1ヘクタールの土地で栽培している。ことしは日照が少なかったものの春の凍霜害がなく、順調に生育。糖度も例年並みの豊作となった。

 塩尻市にあるワイン工場でワインに加工するため、この日10トンのブドウを一斉に収穫した。同法人のスタッフだけでなく、近隣の農家や女性たちも手伝いに訪れ、次々とたわわに実ったブドウの房を摘み取り、籠に入れていった。

 収穫作業に合わせて、龍江小児童の農業体験も開催。午前中は低学年、午後は高学年の児童が訪れ、大平社長からワイン用ブドウと作業の方法を聞くと、はさみを使ってブドウの房を摘み取っていった。3年の男子児童は「指を切らないように気をつけながら上手に取れた。ブドウがたくさん取れて楽しかった」と笑顔を見せた。

 農業法人今田平ではこれまでも学年単位でイチゴ定植などの農業体験を受け入れてきたが、全校での体験は初めて。大平社長は「都会の子どもだけでなく、地元の子どもたちにも地元の農業を知ってもらいたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

夜行性動物が一味違う姿

8月10日月曜日14:53

政策論争深まるか注目

8月10日月曜日14:44

村の和牛味わって

8月8日土曜日13:31

土砂崩落箇所をヘリで確認

8月8日土曜日13:54

主題歌にグリムスパンキー

8月7日金曜日15:14

リニア駅新設の手続き開始へ

8月7日金曜日15:17

22年春オープンへ整備

8月6日木曜日15:31

劇場型機能を集約

8月6日木曜日15:56

「小中併設校」化を答申へ

8月5日水曜日15:11

「次郎長貨幣」8日発売

8月5日水曜日15:47

名場面がスタンプに

8月4日火曜日15:21

子ヤギ30頭の競りに沸く

8月4日火曜日15:57

御用聞き事業本格スタート

8月3日月曜日16:47

飯田市で販売始まる

8月3日月曜日16:14

学生主導で魅力伝える

8月1日土曜日13:33








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞