龍江小児童が今田平で収穫体験 甘いイチゴ頬張る

学校・教育

[ 2015年 3月 6日 金曜日 13時13分 ]

 飯田市龍江の農業法人今田平(大平盛男社長)で5日、市立龍江小学校の児童がイチゴの収穫体験を行った。大平社長から収穫までの経過の説明を聞いた児童たちは、赤く色付いたイチゴを5個選び、その甘みを味わった。

 同小3~6年生までが昨年10月、1回目の体験として苗植えを実施。この日は5、6年生約40人が収穫に訪れた。

 初めに大平社長が苗や土作り、耕起、畝作り、植え付け、交配などイチゴができるまでを説明。1つの果房には10~13個の実がなり、実は約20グラム、真っ赤になると糖度が15度になることも紹介し、「イチゴは先端が一番甘い。ヘタのついた方から食べるのが上手な食べ方」とアドバイスした。

 児童たちは、説明の中からテスト形式で問題が出題されると、全てに答えて合格点をもらい、一斉にハウスの中へ。自分の目で確かめながら好みのイチゴを収穫していった。6年生の男子児童(12)は「甘さもちょうど良くておいしい」と話した。

 大平社長は「地域の産業を子どもたちに理解してもらい、体験したことを生活の中で役立ててもらえれば」と話していた。3、4年生も日をずらして収穫する予定。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

3カ月ぶり水しぶき

3月6日土曜日14:54

「願いかなえてさくら咲け」

3月6日土曜日13:58

コミュニティスクール発足

3月5日金曜日15:54

ICTによる貢献誓う

3月5日金曜日15:28

演劇通じコミュニケーション

3月4日木曜日15:56

「駅前プラザ」(仮称)イメージ示す

3月4日木曜日15:34

「森林環境教育の模範」

3月3日水曜日15:56

安全に遊べるおもちゃを

3月3日水曜日15:40

ロボコンで全国優勝

3月2日火曜日15:14

学びを糧に新たな進路へ

3月2日火曜日15:58

遠山郷の可能性探る

3月1日月曜日15:35

走って火災予防啓発

3月1日月曜日15:58

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞