龍江小児童が今田平で収穫体験、甘いイチゴ頬張る

学校・教育

[ 2015年 3月 6日 金曜日 13時13分 ]

龍江小今田平苺狩り 飯田市龍江の農業法人今田平(大平盛男社長)で5日、市立龍江小学校の児童がイチゴの収穫体験を行った。大平社長から収穫までの経過の説明を聞いた児童たちは、赤く色付いたイチゴを5個選び、その甘みを味わった。

 

 同小3~6年生までが昨年10月、1回目の体験として苗植えを実施。この日は5、6年生約40人が収穫に訪れた。

 

 初めに大平社長が苗や土作り、耕起、畝作り、植え付け、交配などイチゴができるまでを説明。1つの果房には10~13個の実がなり、実は約20グラム、真っ赤になると糖度が15度になることも紹介し、「イチゴは先端が一番甘い。ヘタのついた方から食べるのが上手な食べ方」とアドバイスした。

 

 児童たちは、説明の中からテスト形式で問題が出題されると、全てに答えて合格点をもらい、一斉にハウスの中へ。自分の目で確かめながら好みのイチゴを収穫していった。6年生の男子児童(12)は「甘さもちょうど良くておいしい」と話した。

 

 大平社長は「地域の産業を子どもたちに理解してもらい、体験したことを生活の中で役立ててもらえれば」と話していた。3、4年生も日をずらして収穫する予定。

 

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu



記事の検索はこちらから







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事