120人で茶摘み作業 「稲丘茶」で下農生が黙々と

学校・教育

[ 2017年 5月 31日 水曜日 16時20分 ]

黙々と作業をする生徒

 飯田市鼎名古熊の県立下伊那農業高校食品化学科の1―3年生の120人が5月30日、校内の茶畑で茶摘みをした。1人500グラムを目標に先端の新芽と若葉を次々と摘み取り、31日は製茶作業もした。

 

 開設当時から約30年間にわたって茶を栽培する同科の伝統行事。食品製造の授業で取り組み、現在は15アールの茶畑で約1500本のやぶきた茶を育てている。

 

 雨の影響で遅れて新芽が伸びたため、生徒たちは一芯三葉ならぬ「一芯二葉」の要領で摘み取り。次々と若葉に手を伸ばし、腰かごに集めた。

 

 1年生の丸山実華(みか)さん(15)は「摘んだ茶葉が、どんな味の茶になるか楽しみ」。課題研究で製茶や加工など茶の使途拡大を探る3年の飛矢崎佑香さん(17)は「茶の魅力を地域でもう一度見直し、生産者が増える提案をしたい」と話した。

 

 浜松市のメーカーや中根園の協力を得て製茶し、6月中にもオリジナル銘柄の「稲丘茶」を仕上げて学校やイベントなどで販売する。

 

 担当の清水茂子教諭は「収穫から加工、お点前(煎茶道)まで経験することで、地元特産の茶に親しんでもらえれば」と話していた。

 

 食品科学班の生徒らは、昨年に続いて“出張”も行い、生産されなくなっていた同市川路の茶畑でも作業をした。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号