2中学校生徒がプロから人形劇指導

学校・教育

[ 2014年 10月 8日 水曜日 9時31分 ]

 飯田市内中学校の人形劇部による合同講習会が4日、飯田市高羽町の飯田人形劇場で行われた。飯田西中と旭ケ丘中の生徒ら約10人が参加し、作品上演を行ったりプロの劇人から指導を受けた。

 市が行う学校などでの人形劇活動への支援事業。普段は各校で取り組むことが多いなか、他の学校の活動について知り刺激を受けるとともに交流を深めてもらおうと、合同での講習会を毎年開いている。

 この日は飯田西中が「三枚のお札―西中バージョン―」、旭ケ丘中が「大きな赤かぶ」「3びきの子ぶた―その後―」を上演。各校の発表後、人形劇団むすび座の永草友士さんがそれぞれの作品での人形の動作や話し方、場面転換の方法などをアドバイスした。講習会は一般公開され、地域住民らが生徒の舞台や指導の様子を見学した。

 飯田西中は昔話をアレンジした人形劇を上演。小賢しい主人公と、主人公に翻ろうされるどこか憎めない悪役を登場させ、人形どうしの掛け合いが特徴的な作品に仕上げた。

 上演後、永草さんは「脚本やキャラクターが現代的で面白かったが、テンポをもっと速くするように。相手がしゃべった後すぐにしゃべる訓練を。体全体を使ってしゃべるような動きをして」などと、実際に人形を扱って動かし方を指導し、感想や助言を述べていた。

 両校の発表後には交流会が行われた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

北部5町村でワクチン接種券配布

4月21日水曜日15:09

春の星空を堪能

4月21日水曜日15:35

1人超過の激戦始まる

4月20日火曜日16:35

接種券の発送始まる

4月20日火曜日16:26

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞