飯伊各地で始業式 2学期をステップに

学校・教育

[ 2016年 8月 18日 木曜日 16時23分 ]

提出物を確認する児童(阿智第三小で)

 飯田下伊那各地の小中学校で、2学期の始業式が行われている。夏休みを終えた児童生徒たちは元気に登校。1年で最も長く、運動会や遠足、マラソン大会などたくさんの行事が行われる2学期をスタートさせた。

 阿智村智里の同村立阿智第三小学校(水出一寛校長、児童数49人)は、飯伊で最も早い18日に始業式を実施した。

 水出校長は、子どもたちと夏休み中の行事を振り返るとともに、学校生活をオリンピック陸上競技の三段跳びに例え「2学期はジャンプの決め手になるステップの時期。1学期に頑張ってきたあいさつと返事をしっかりやってほしい」と語った。

 また「ちいさないじめもゆるさない」「さっとのばそうやさしい手」「ともだちよぶとき『さん』と『くん』」の頭文字を取った伝統的な学校目標「ちさと」を取り上げ「いやな気持ちになった時に思い出し、この言葉を忘れないよう頑張って」と呼び掛けた。

 始業式に続いて、各クラスで宿題や提出物などを確認。担任と一緒に夏休み中の生活について振り返っていた。

 飯田教育事務所によると、この日飯伊で始業式を行ったのは同校と大鹿小、松川中央小の3校。22、23日を中心に、18―29日にかけて全小中学校が2学期を迎える。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞