2高校で体験入学 阿南は福祉、阿智は塾など

学校・教育

[ 2013年 8月 2日 金曜日 16時10分 ]

 阿南町の阿南高校(牧島晃校長)と阿智村の阿智高校(黒柳紀春校長)は1日、中学3年生の体験入学を行った。阿南高は福祉コースの模擬授業、阿智高は新設した公営学習塾と新コース制を学校の特色として示した。

 中学生80人と教職員、保護者34人が来校した阿南高の福祉コース模擬授業では、同校生徒が教師役を務めながら中学生の車いす体験、ベッドメイキングを手助けした。

 ベッドメイキングと理科の実験に参加した中学生からは「高校生がとてもいい人だった。ぜひ入学したいと思った」といった好意的な感想が寄せられた。

 同校は福祉学習を特色として打ち出しており、福祉系の学校への進学者が多い。町は昨年から実習用のベッドを購入するなど支援に力を入れている。

 中学生84人と引率者ら20人が集まった阿智高では、同日から校内の合宿所でスタートした公営塾「神坂(みさか)学習塾」を全来校者に説明。学習塾に使う合宿所も公開し、教職員・保護者の質問に応じた。

 3コース制を4コースに再編し、国公立大や難関・中堅私大、看護系への進学を後押しする「特別進学コース」、関連学科のある大学や公務員養成も視野に入れた「地域政策コース」を新たに加えることも全体会の中で触れ、「早くから目標をもって学校生活を送れば夢はかなう」とした。

 引率者は塾の目標と受け入れ人数、コース選択に生徒の希望がどの程度反映されるかといったことを質問していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50

ヤギで「除草」「動物園」

5月22日金曜日15:55

影響受ける地元事業者支援

5月21日木曜日15:08

おいしいメンマ期待し

5月21日木曜日15:32

地元シードル「より大勢に」

5月20日水曜日15:15








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞