4校9チームが技術力競う 高校生ものづくりコン

学校・教育

[ 2016年 8月 6日 土曜日 11時29分 ]

ものづくりコン測量部門

 高校生による工業技術・技能を競う「高校生ものづくりコンテスト」の測量部門長野県大会が5日、飯田OIDE長姫高校および矢高公園グラウンドで開かれた。県内の工業高校4校から9チーム(3人一組)が出場。優勝チームに与えられる北信越大会への出場権をかけ、日頃の授業や練習などを通じ培ってきた、正確かつ迅速な測量技術を競い合った。

 産業を支える技術、技能水準の向上を図るととともに、若年技術・技能労働者の確保、育成を目指し開催される同コンテスト。測量部門の他、機械系の旋盤作業部門、電気系の電気工事部門、建設系の木材加工部門などがある。開催場所は部門ごとに異なり、毎年県内の工業高校を持ち回りで実施している。

 測量部門の課題は、指定された五角形の角度や辺の長さを測量し、座標に示すというもの。選手らは、矢高公園グラウンドで測量機器を用いて角度や長さを測った後、その値を基に計算で五角の座標を割り出していった。

 作業の正確さや速さなどから配点(100点満点)が行われ、点数の高さで順位を決定した結果、丸子修学館の2チームがともに96点で優勝、準優勝を分け合い、3位(92点)にOIDE長姫Aチームが入った。

 3位に入ったOIDE長姫Aのリーダーで、社会基盤工学科3年の男子生徒(17)は、7月の下旬から大会に向け放課後など練習を積んできたという。「慌てることなく、練習通り落ち着いてできた。スピードも大事だがまずは正確さを心掛けた」と振り返った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞