龍江小6年生が紙すき初体験

学校・教育

[ 2015年 2月 12日 木曜日 9時27分 ]

 飯田市立龍江小学校の6年生21人が卒業記念になる思い出づくりをしようと、1973(昭和48)年までは下久堅地区に次いで盛んだった紙すきを、以前紙すきを行っていた地元住民や公民館の協力を得て初体験した。

 龍江村誌によると、それまで盛んだった紙すきが73年で行われなくなったとの記載がある。同小は総合的な学習の時間で地元の歴史についての知識を深めており、地域に協力を求めて体験事業が実現した。

 紙すきの地元経験者の男性や同小の「伝統と文化のクラブ」が指導。当時の機材は老朽化して使えるものがなく、学校や公民館にある道具を使いながら作業が進められた。

 接着の役割を果たすトロロアオイの種まきは昨年5月、校内の畑で実施。1月に地区内に自生するコウゾ(接着の役割を果たす)を採取して黒皮収穫と皮はぎを行い、今月2日に繊維をたたいてほぐす「打解」を経てすき作業を行った。

 指導した男性が「正月元旦に目を覚ますと、足袋とげたが枕元に置かれていた。親が紙すきで一生懸命稼いだお金だなあと感じたもの」と昔を振り返ると、児童たちも「木の皮から紙ができることにびっくり」と熱心に作業に励んだ。体験事業を企画した担任の教諭は「学校だけではできなかった作業。地域のありがたさを子どもたちも感じてくれたのでは」と話し、鳴海和彦公民館長は「40年ぶりに再現できてとても嬉しい。継承していくきっかけになれば」と語った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53

伊達の奏者と遠隔交流

2月25日木曜日15:24

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58

地域の力で竹林整備を

2月23日火曜日13:35

心一つにつながる音楽祭に

2月22日月曜日15:00

観光軸に広域連携を

2月22日月曜日15:47

下農高「校友会」が大賞

2月20日土曜日13:13

現新23人が出馬準備

2月20日土曜日13:42

ブロックごと体制構築

2月19日金曜日15:51

小黒川導水路トンネルが貫通

2月19日金曜日15:44

3団体がプロモ成果報告

2月18日木曜日15:28










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞