5家族が入学や転校検討 小規模特認校の上村小で学校見学会

学校・教育

[ 2018年 7月 2日 月曜日 15時24分 ]

元気よく歌声を披露する上村小の児童たち

 本年度から学区に関係なく通学できる「小規模特認校」になった上村小学校で1日、学校見学会と説明会が開かれた。同小の教育活動に関心がある5家族が参加して、複式学級を含む授業参観や同小児童たちによるアトラクションを見学。入学、転校する際の手続きの説明も受けた。

 飯田市教育委員会は、児童数が減少する今後の上村小の入学者数と児童数の推移を踏まえ、市として初めて小規模特認校の指定を行った。

 市内全域から通学できる制度で、4月から全校児童9人のうち、1年生と4年生の2人が特認校制度を使い、スクールバスで片道約50分かけて地区外から通学している。

 この日の見学説明会には5家族から事前申し込みがあり、子どもは計10人。うち来年度入学や転校の対象は7人だった。

 3・4年生と5・6年生の複式学級を含む授業参観を見学したほか、同小が力を入れる音楽活動の成果発表を聞いた。全校児童9人がリズムをとりながら大きな声で元気よく歌い上げる姿に、参加者らも拍手を送った。

 4月から特認校制度を活用して同小に通う児童の保護者は「ストレスが軽減されていて、明るく積極的になった」と報告。別の保護者は距離の遠さをデメリットに掲げる一方、「分からないところをしっかり教えてくれると、子どもも喜んでいる」と振り返った。

 見学会参加者からは「参観日や運動会などの学校行事で年間何回ほど学校に訪れる機会があるか」や、全校活動、他校との交流活動についての質問があった。入学転校を検討する保護者の1人は「合唱を聞いて表現力がすごいと感じた。個性をとても大事にしている」と話した。

 代田昭久教育長は、指定から3カ月余が経過した同制度について「完成形ではないが順調に進んでいる」とし、「一人一人に責任や役割があり、保護者も作り手にならざるを得ない。よりよい学校づくりに参画してもらいたい」と呼び掛けた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

猛暑の一騎打ち 阿部、金井候補が舌戦開始 知事選が告示

7月19日木曜日15:41

春草の「鎌倉時代闘牛の図」が市有形文化財に 学生時代に制作

7月19日木曜日15:14

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34