JAXAの石井さんが天龍村で講演

学校・教育

[ 2018年 11月 10日 土曜日 14時40分 ]

金星とあかつきについて子どもたちに説明する石井さん

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所の石井信明さん(59)が9日、村老人福祉センターで開いた天龍小・中学校のPTA講演会に講師として訪れた。石井さんの義母が村出身の縁で実現。石井さんは2015年に金星探査機「あかつき」の金星周回軌道投入までの挑戦について語り、児童や生徒、一般ら約60人が注意深く耳を傾けた。

 石井さんは地球と兄弟星とされ、地表温度が約460度もある金星について解説。「生まれたときは地球と同じだった灼熱の惑星は太古の地球なのか、未来の地球なのか」と子供たちに問い掛け、「地球も温暖化が進んでいるが、金星が地球の未来の姿ならば、我々は今から何かをしなければならない」と警鐘を鳴らした。

 また2010年に種子島宇宙センターから打ち上げられたあかつきは、金星の周回軌道に入る予定だったもののメインエンジンの故障で失敗し、さまざまな問題を解決して5年後の再挑戦で成功した。石井さんは「打ち上げから2026日掛かったが、再投入を試みたエンジンの噴射開始からの20分間、1秒1秒数えた時間のほうが長く感じた」と振り返った。

 最後に、石井さんが10歳、小学5年生のときの70年、日本初の人工衛星「おおすみ」の打ち上げが、宇宙やロケットを夢見るきっかけになったと語り、「敗北とはあきらめること。失敗しても敗北ではない」と子供たちにアドバイスした。

 5年生の児童(11)は「金星がとても暑いことに驚いた。知らない話を聞くことは面白い」と目を輝かせた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38

飯田市予算案20年度458億円

2月18日火曜日15:58

129チームがたすきつなぐ

2月17日月曜日15:51

千代ネギに多彩メニュー

2月17日月曜日15:15

建設の判断先送りに

2月15日土曜日14:22

迫力舞台で観光客ら魅了

2月15日土曜日14:49

買い物弱者の手助けに

2月14日金曜日15:58

春告げるフクジュソウ

2月14日金曜日15:39

カンザクラが春を告げる

2月13日木曜日15:43

ザゼンソウ開花し春の訪れ

2月13日木曜日15:42

おき渡り1年の幸福祈願

2月12日水曜日15:04








記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞