OIDE長姫が親子工作クリスマス会

学校・教育

[ 2016年 12月 10日 土曜日 14時33分 ]

スノードームづくりを楽しむ児童ら

 飯田OIDE長姫高校商業科3年生7人が10日、飯田市竜丘公民館で「親子工作クリスマス会」を開き、竜丘小学校の児童ら約100人がクリスマスリースやスノードーム、キャンドルづくりに挑戦した。

 高校生が地域理解を深め、地域での生き方を考え郷土愛を育み、地域活性化や社会に貢献できる人材の育成を目指す「地域人教育」の一貫。少人数のグループワークで竜丘地域について学び、地域住民らと協働でイベントを実施するなどの活動に取り組んできたメンバーら。活動を通じ「子どもの笑顔が親を笑顔にさせ、親の笑顔が地域を明るくする」ことを実感したといい、子どもたちに工作を楽しんでもらうとともに、できたものを両親らにプレゼントすることで、両者の笑顔を誘おうと、今回のイベントを企画した。

 この日児童らは、リース、スノードーム、キャンドルの中から2つを選んで制作。高校生の指導を受けながら無事完成させると、満面の笑みを浮かべ喜んでいた。同小2年生の男子児童(8)はスノードームとキャンドルをつくり、「少し失敗もあったけどきれいにできて良かった。スノードームはお母さんに、キャンドルはお父さんにプレゼントしたい」と笑顔を見せた。

 OIDE長姫の伊原由茉さん(18)は、「地域での活動を通じて、自分たちにできることには限りがあることを痛感した。そんな中でも、地域の方に『ありがとう』と声を掛けていただきうれしかった。いろいろな人の協力があって初めて何かができる。自分たちもその輪に積極的に加わっていきたい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞