OIDE長姫生が中学生に英語披露

学校・教育

[ 2014年 12月 28日 日曜日 13時56分 ]

 1月11日に東京で開かれる「全国商業高校英語スピーチコンテスト」に長野県代表として出場する飯田OIDE長姫高校2年の生徒2人が26日、飯田市立緑ケ丘中学校体育館で同校の3年生(251人)に1人3分のスピーチを披露した。

 2人は22日にも同中3年生の2クラスの生徒50人ほどの前で発表したところ、大変評判が良かったことから、今回急きょ3年生全員を前に発表を依頼された。同中の村澤資憲校長は「子どもたちも刺激を受けた。高校生の学習に取り組む姿勢、考え方もいい。中学3年生の参考になる」と、この珍しい試みの趣旨を説明した。

 2人は鼎中出身。昨年も県大会で優勝し全国大会に出場している男子生徒は、オリジナルスピーチ部門で「ユニティー(協同)」のタイトルでスピーチ。「普通科と商業科が協力し合うことでもっといいものができる。それぞれの分野に誇りを持って社会貢献をする。医者になろうとも商品開発をすることも人のために考えて働くことは同じ。個性や可能性の限界に挑戦を」と英語で訴えた。

 県大会の暗記部門で優勝しことし全国大会に出場する女子生徒は「help yourself(自由にお召し上がりください)」の題で発表。「野菜を育てることから大きな活動をしていくことで町をよくする」というイギリスの環境問題の実話を300語の全文暗記して紹介した。

 2人のスピーチを聞いた中学生たちは「前回より発音の強弱をつけてさらに聞きやすくなった」「今回初めて聞いた。英語が得意でなく、何を言っているかわからなかったけど、ポジティブな姿勢が勉強になった。全国大会も頑張ってください」と感想。

 スピーチした高校生らは「自分ももともと英語が苦手でまったくできなかった。先生にスピーチのことを教えてもらい、ひたすら悪あがきを続けて全国大会へ行けるようになった。昨年は完全に打ちのめされたので、ことしは自分の思いを伝えることを大事にしたい。予選突破が目標」、「全国大会は初めてでわからないが、自分らしく笑顔を忘れずに頑張りたい」とそれぞれ抱負を語った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24