OIDE長姫高生が三遠南信道を見学 開通前のトンネル歩く

学校・教育

[ 2016年 11月 11日 金曜日 16時00分 ]

開通前のトンネル内を歩いて見学するOIDE長姫高生たち

 県建設業協会飯田支部(北沢資謹支部長)は10日、飯田OIDE長姫高校の生徒を対象にした工事現場見学会を開いた。三遠南信自動車道現道活用区間や南信州広域連合次期ごみ処理施設現場などに訪れ、担当者から工事概要の説明を受けながら技術内容に触れた。

 高校生を対象にした現場見学会は、建設業界喫緊の課題でもある若年技術者の地元採用に結び付ける取り組みとして、飯伊建築業協会と共催し、県下伊那南部建設事務所などの協力を得て毎年この時期に開いている。

 見学会は、社会基盤工学科の1年生約40人が全線開通が目前に迫る和田バイパスと小嵐バイパスを見学。建築科2年生の約40人は、次期ごみ処理施設整備や社会福祉法人栗山会サービス付高齢者向け住宅複合施設新築工事現場などに訪れた。

 このうち飯田市南信濃の和田バイパス工区では、12月17日の供用開始が決まり、県内トンネルの固有名詞としては一番長い名称になる予定の「秋葉(あきは)街道下市場トンネル」(延長180メートル)を見学。完成間近のトンネル内を歩いて通り抜け、舗装仕立ての道路の感触を味わった。

 歩道も付くトンネル入口には、県内で本年度から始まった技術者名が刻まれた名盤も掲示されて見所満載。生徒の一人(16)は「普段なら入れない現場に入れてもらい、とても勉強になった。舗装がまだ生々しかった」と感想を述べた。同支部の野島登理事(60)は「現場を見て触れて、いずれは自分もやってみたいと思ってもらえれば」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

情感たっぷり6団体出演 三遠南信の歌舞伎交流 下條村

12月17日月曜日14:51

金メダリストの金藤さんと交流 中学生の手紙きっかけに ISC高森

12月17日月曜日14:38

西下トンネルが開通 松川インター大鹿線 リニア関連で新設、完成祝う

12月15日土曜日15:31

ウィルタネン彗星最接近 昴と競演 

12月15日土曜日15:42

年賀状の投かん始まる 園児は大好きな動物宛てに

12月15日土曜日15:41

先進事例に自社を見つめる ネスク―イイダが新製品・新事業の報告会

12月14日金曜日15:29

源助かぶ菜の漬物販売 生産復活させた大根も提供 泰阜村

12月14日金曜日15:25

仮橋完成で通行止め解除へ 天龍―豊根の県道 土砂崩落から2年ぶり

12月13日木曜日15:10

下農生 伝統のおせち料理に挑戦 7品を調理し重箱へ

12月13日木曜日15:57

南海トラフ地震 3ケースで防災対応 M8で沿岸は連動警戒避難

12月12日水曜日15:04

ノロウイルスが原因 保育園の集団欠席 飯田市

12月12日水曜日15:00

中央道飯田山本―園原間でチェーン義務化 大雪時

12月11日火曜日16:04

星降る夜空と空間演出 冬のナイトツアー始まる 阿智村

12月11日火曜日15:14

20カ国の文化や食通じて 飯田国際交流の夕べ

12月11日火曜日15:37

特産品をギュッと箱詰め 「あなん便冬期」出荷始まる

12月8日土曜日14:09