OIDE長姫高生徒がひさかた和紙学ぶ

学校・教育

[ 2014年 6月 30日 月曜日 9時55分 ]

 飯田OIDE長姫高校商業科の3年生5名が27日、ひさかた和紙について学ぼうと、飯田市下久堅地区を訪れた。ひさかた和紙保存会(平岩宏保会長)の役員2人から和紙の歴史や保存会の活動を学び、楮(こうぞ)とトロロアオイ畑、かまどの見学、楮のわき芽摘み体験も行った。

 同校と松本大学、飯田市による「地域人教育」の一環で、生徒5人はひさかた和紙の商品化と販売を課題研究にしている。

 役員は、ひさかた和紙といえば小学生の卒業証書づくりが有名だが、過去には傘や凧、ラベル、うちわなども製作していたと説明。原料となる楮やトロロアオイの栽培にも手間をかけていることにも触れ、良い和紙を作り続けていくためにも、多くの人にひさかた和紙の魅力を知ってもらい、生徒たちの活動に期待していると話した。

 生徒達は1年かけて課題研究に取り組み、紙すきなども体験する予定。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38

飯田市予算案20年度458億円

2月18日火曜日15:58

129チームがたすきつなぐ

2月17日月曜日15:51

千代ネギに多彩メニュー

2月17日月曜日15:15

建設の判断先送りに

2月15日土曜日14:22

迫力舞台で観光客ら魅了

2月15日土曜日14:49

買い物弱者の手助けに

2月14日金曜日15:58

春告げるフクジュソウ

2月14日金曜日15:39

カンザクラが春を告げる

2月13日木曜日15:43

ザゼンソウ開花し春の訪れ

2月13日木曜日15:42

おき渡り1年の幸福祈願

2月12日水曜日15:04

モモさん題材のオペレッタも

2月12日水曜日15:54

無病息災願い事の神送る

2月11日火曜日13:28








記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞