「健康への影響ない」 リニア実験線磁界測定公開

リニア中央新幹線

[ 2013年 12月 6日 金曜日 12時58分 ]

 リニア中央新幹線の2027年開業を目指すJR東海は5日、走行時や停車時に発生する磁界の測定を山梨リニア実験線で行った。沿線都県市の担当者や報道陣に公開し、「国際ガイドラインの基準値を大きく下回っている」などと安全性を強調した。

 9月に公表した環境影響評価準備書に対し、健康への影響を不安視する住民からの意見が多かったため、安全性や同書内にも記載した実測値の正確性をアピールし、沿線の不安を払拭しようと試みた。

 沿線都県市の担当者を迎え、駅のホームやリニアの車内の他、延長42・8キロ各所の高架橋下、トンネル上部などで測定を行った。

 このうち、ホーム上の実験では、停車時に発生する静磁界と走行時の変動磁界を観測する機器、国際ガイドライン(ICNIRP)に対する適合率を表示する機器を用い、車両から6メートル、9メートルの距離で磁界の強さを示す磁束密度を測定。停車時、時速30キロ走行、同500キロ走行の3ケースを想定し、それぞれの実測値を示した。

 時速による大きな変動はなく、6メートルの距離ではおよそ0・19ミリテスラ、9メートルで0・06ミリテスラを観測。国際ガイドラインに対する適合率は6メートルの距離で4分の1程度にとどまった。

 同社は、世界保健機関(WHO)が「健康への影響はない」としている国際ガイドライン以下であること、厚生労働省のペースメーカー等承認基準の1ミリテスラを大きく下回っていることを強調。リニア開発本部担当部長は「沿線の環境はさらに距離が離れているため、健康への影響はまったくない」とした。

 中央新幹線の磁界について同社は、国際ガイドラインの遵守を掲げるとともに、「車両、ホーム等、通常、人が立ち入る空間について、静磁界1ミリテスラを守るよう、施設および車両の設計をする」としている。

 終了後の会見で、同部の環境保全統括部長は「磁界はリニアの特徴から来るもので、漠然とした不安を持つ住民に安心していただく意味で公開した」と強調。騒音や振動などについては「(測定を)公開することは考えていない」とした。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

22年度完成へ協力要請

7月15日水曜日15:17

国交省の専門家 喬木村の崩落現場を調査

7月15日水曜日15:02

今年は個人客にも注力

7月14日火曜日15:30

飯伊各地に大雨の被害

7月14日火曜日15:01

傾斜地一面に1000株の花

7月11日土曜日13:24

事務所開設し活動本格化

7月11日土曜日13:49

土地取得し、造成後も管理

7月10日金曜日15:15

事業安定させ次世代へ

7月10日金曜日15:31

ルミナコイドに注目を

7月9日木曜日15:41

12年ぶり選挙戦へ動き加速

7月9日木曜日15:39

飯伊初の「大雨特別警報」

7月8日水曜日15:15

飯田の夜空に大輪の花

7月8日水曜日15:42

現職金田氏無投票で再選へ

7月7日火曜日15:52

赤く色づき肥大順調

7月7日火曜日15:04

伍和地区でデマンドタクシー

7月6日月曜日15:05








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞