「小渋川非常口」3日から 大鹿村のリニア南アトンネル掘削

リニア中央新幹線

[ 2017年 6月 24日 土曜日 14時19分 ]

大鹿村小渋川非常口の周辺

 リニア中央新幹線南アルプストンネルの作業用トンネル坑口「小渋川非常口」(大鹿村上蔵地区)について、JR東海は23日、7月3日に掘削作業を始めると発表した。4月27日の除山(のぞきやま)非常口(同村釜沢地区)に次ぎ、県内では2カ所目のトンネル工事になる。

 

 この日、県と村、地元自治会にも伝えた。小渋川非常口の作業用トンネルは1・1キロで、掘削断面は約55平方メートル。計画だと、26日から立ち木の伐採など準備工に入る。

 

 小渋川非常口は村内の作業用トンネル坑口の1つで、国は5月25日に非常口周辺の保安林(257平方メートル)指定を解除した。

 

 トンネル掘削を巡り、除山非常口の掘削開始では県や地元などへの連絡が前日と遅く、対応への批判が出て、今回は10日前の発表となった。JR東海広報部は「これまでも地元と連絡を密にするよう努めてきたが、さらに丁寧に調整を図った結果、今回はこの時期の周知となった」とした。

 

 南ア長野工区(8・4キロ)は村内3カ所の坑口から掘り進める。残りの「釜沢非常口」(釜沢地区)は進入路となる仮設橋設置に時間がかかることから計画が大きくずれ込み、来年4月頃の掘削開始を予定。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号